瑛茉ジャスミンは天てれ戦士だった!子供時代や天てれ同期を調査!

現在モデルとして活躍している
瑛茉ジャスミンさん。

ハーフでとっても綺麗な顔立ちをしていて、
これから益々人気が出てきそうな
予感がします!!

そんな瑛茉ジャスミンさん、
実はなんと!天才てれびくん出身
だったんです!!

びっくりですよね!

今回は瑛茉ジャスミンさんの
天才てれびくん時代について
まとめてみました。

瑛茉ジャスミンはいつ天てれに出演してたの?

瑛茉ジャスミンさんは、
2003年から2005年までの3年間、
NHK教育『天才てれびくんMAX』に
てれび戦士として出演していました。

司会はTIMのお二人で、
清水ミチコさんや加藤夏希さんも
出演していた時代ですね!

時代を感じますw

懐かしいですね!!

瑛茉ジャスミンさんは天てれ時代は
近藤エマという芸名で
出演しています。

2011年に瑛茉ジャスミンに芸名を変え、
活動しているようです。

瑛茉ジャスミンの天てれ時代の写真は

瑛茉ジャスミンさんの
天てれ時代の写真がこちら。

今も綺麗ですが、
天てれ時代のジャスミンさんは
幼さもあって可愛いですよね!

この頃のジャスミンさんは
8歳〜9歳頃です。

天てれ戦士の中では、
そこまで目立っていた存在では
なかったような…

瑛茉ジャスミンの天てれ同期は誰?

瑛茉ジャスミンさんの天てれ時代の
メンバーの写真をまとめてある画像が
ありました。

2003年

2004年

2005年

印象的なメンバーとしては、

山元竜一さん
岩井七世さん
ブライアン・ウォルターズさん
井出卓也さん
白木杏奈さん
前田公輝さん
バーンズ勇気さん

とかでしょうか!

やはり歳が上の戦士は
みんなをひっぱってくれる
リーダー的存在で目立ってましたよね!

懐かしい!!

過酷すぎる!天てれの裏側を暴露していた!

瑛茉ジャスミンさんは、
以前天てれ時代の話を
暴露していたことがあったそうです。

まず天てれのオーディション。

瑛茉ジャスミンさんのときは、
数千人〜万程度の応募があったそうです。

2次審査では「面接」
3次審査では「自分の得意分野を披露する」
4次審査では「実際に台本を使った受け答え」

と審査も多かったんだとか。

当時ハーフは瑛茉ジャスミンさんだけで、
「自分は、もしかしたら受かるかな?」
と当時思っていたそうw

めでたく合格した瑛茉ジャスミンさんですが、
その裏側は厳しいものだったようです。

中でも、木曜日の収録は「生」で、
番組が18時頃〜スタートにも関わらず
朝11時にスタジオ入り。

リハーサルは子供たちだけで2回行い、
「セリフ以外のことは言って欲しくない」
という番組の方針もあったんだとか。

しかし小学生は慣れてない生放送で
言ってはいけない「企業名」など
言ってしまうこともあり、
「ごっち」と言われる偉いスタッフさんに
怒られることもあったそうですり

また生放送の後には
必ず反省会があって、
その光景は「最後の晩餐」のような風景。

真ん中に「ごっち」さんが座り、
1人ずつ「今日の自分の良かったところ、
悪かったところ。今後、どうしていきたいか」
を発表していったようです。

拷問のようですね…w

子供達は、生放送が終わる頃には
「今日は何を言おうか?」
と考えていたそうですww

またインタビューでは、
「ごっちさんは、本当に怖かった!!!」
と答えていたそうですが、
なんかもう、話を聞くだけで怖いですよね…

(引用元:ぶるぺん)

まとめ

瑛茉ジャスミンさんの天てれ時代について
まとめました。

現在モデルとして大活躍している
瑛茉ジャスミンさんですが、
天てれ時代もとっても可愛かったですね!

知られていない天てれの裏側も語っていた
瑛茉ジャスミンさん。

幼いながら、大変な仕事をしていたんだな
と分かりますね!

モデルとしての活躍が主ですが、
これから様々な番組などでも
活躍していってほしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です