【カリスマモデル】雅子のプロフまとめ!家族やモデルの活躍・死因など調査

かつてカリスマモデルとして
大活躍していたモデル兼女優の雅子さん。

数々の雑誌に載ったり、
映画などにも出演されていて
多方面で活躍されていました。

素晴らしい綺麗なモデルさんでしたが、
わずか50歳という若さで
がんに侵されて亡くなります。

そんな雅子さんはどんな人物だったのか、
プロフィールをまとめました。

雅子プロフィール

  • 本名:大岡 雅子
  • 生年月日:1964年7月30日
  • 没年月日:2015年1月29日
  • 身長:167cm
  • 出身:東京都日本橋
  • 事務所:テンカラット Plume

1983年、雅子さんが19歳の時に
モデルとしてデビュー
しました。

日本橋出身ということで、
それなりに良いお家の出
かもしれませんね。

雅子さんは多趣味で、
モデルや女優として活躍する傍らで
映画評論家として映画サイトで
ブログの執筆なども行っていたようです。

またフランス好きという
前田典子さんと共通の趣味があり、
仲が良かったんだとか。

2014年芸能生活30周年の節目には

「雅子 スタイル」

という書籍も出しています。

https://twitter.com/massacoco/status/487462452582297600?s=21

雅子の家族(夫)について

雅子さんには大岡大介さんという
7つ年下の旦那さんがいました。

大介さんはTBSのプロデューサーをされています。

なんと【ハンニバル】【バイオハザード】
の買い付け、
【木更津キャッツアイ 日本シリーズ】
【アフタースクール】
などの作品に携わっていた方
なんだそうです!!

2006年2月に出会って、
半年後の同年9月に結婚。

雅子さんはこの時42歳でした。

実はこの結婚はお互い
再婚同士だったようです。

雅子さんもバツイチなんですね!

残念ながら、雅子さんの
最初の夫や子供については、
公表されていませんでした。

2人の馴れ初めとしては、
まず付き合ったきっかけは、
フランス映画祭で大介さんが
雅子さんをエスコートした事。

交際半年で大介さんは
まだ結婚する気は無かったそうですが、
雅子さんが急に

『なんか私に言うことあるでしょ』

と言ってきたそうですw

とっさに意図を理解して、
『結婚してください』と言った大介さん。

それに対し雅子さんは、
『早く言いなさい、バカ』
と返したそうですww

一見厳しそうですが、
愛が溢れたエピソードですね!

50歳で亡くなってしまった雅子さん。

残された大介さんは
雅子さんを偲んで、
ドキュメンタリー映画を作成。

2019年7月26日より、
【モデル 雅子を追う旅】が
全国で順次公開されるそうです!

仕事の傍、自分で映画や撮影の勉強をして
資金を投資して制作した映画なんだとか。

「そもそも昔からずっと映画が作りたくて今の会社に就職したんです。そして雅子もまた、映画を愛していた人。そんなふたりが好きな映画という媒体で、雅子の半生を残したいと思ったんです。
もちろん、逝ってしまった雅子への恋しさもありました。できるなら時空を超えて、すべての時代の、すべての雅子に会って、『僕はあなたのことが好きです。実は未来で僕たち、一緒になるんです』と言って、彼女の人生を全部独り占めしたい衝動に駆られました」

引用:https://mi-mollet.com/articles/-/18017?page=2&device=smartphone

大介さんの雅子さんに対する愛情が
すごく感じられますよね。

お互い大切にし合い、尊敬し合うような
関係を築いていたのでしょうね。

モデルや女優としての活躍は?

雅子さんは10代の頃からモデルとして
活躍しています。

雑誌では10代〜20代の頃には「an・an」
30代では「クロワッサン」、
「装苑」「家庭画報」など・・・

その年齢によって活躍する雑誌を変えながら、
さまざまな雑誌で活躍してきています。

1つや2つの雑誌で活躍するモデルさん、
またある年代だけ活躍するモデルさんは
よくお見かけしますが、
年齢に合わせて様々な雑誌で
活躍できる雅子さんは、年代問わず
沢山のファンがいたのだなと思います。

また女優としての活躍で有名なのが

映画【リング】シリーズで
貞子の母親・志津子 役として
出演した事ですね。

いつまでも美しい素晴らしいモデル・女優
だったんですね。

雅子の死因は?

雅子さんは50歳でその人生を終えていますが、
その死因は「肺動脈肉腫」という
癌によるものでした。

この肺動脈肉腫というのが
10万人に1人か2人がなるという「希少がん」で、
血液検査でも見つけにくい病気なんだとか。

著名ながん専門医たちが、
「人類が向き合った中で最悪のがん」
「狡猾な悪魔がいるとしか思えない」
と驚愕の声を上げるほど、
タチの悪いものだそうです…

2013年の5月頃から咳が止まらなくなり、
通院や入院をしたのにもかかわらず、
原因が分からず症状も良くならなかったそうです。

そんな中、立てなくなるほど症状が悪化…

大きな病院で検査したところ、
心臓のすぐ近くにある血管、
肺動脈に血栓ができていることが判明しました。

2013年の年の暮れに、
この血栓を取るために24時間の大手術を行います。

そしてその手術で血栓が悪性腫瘍だと判明し、
右肺も同時に摘出
になってしまったそうです。

術後は痰が溜まりやすくなる等の
症状が出たようです。

肺が片方しかないので、
それを押し出すだけの力がないし、
吸引も肺機能が弱まるので
自分でなんとかするしかない…

そういった症状との戦いの毎日を
送っていたようです…

それでも雅子さんは弱みを見せず、
癌の回復を信じてずっと戦ってきたのだそうです。

仕事にも復帰して、気力も活気もあった雅子さん。

しかし、50歳の誕生日を過ぎた後から
また体調を崩すようになり、
その時には癌が全身に転移していた
そうです。

それでも生きることを諦めなかった雅子さん。

亡くなる前日にも友人とランチを
楽しんでいたんだとか。

そこから容態が急変し、
お亡くなりになったそうです。

最後まで生きることを諦めず、
弱音を吐かずに癌と闘っていた雅子さん。

女優としてだけでなく、
人としても本当に素晴らしい方ですね。

まとめ

いかがでしたか。

かつてカリスマモデルとして活躍した
雅子さんについてまとめました。

50歳という若さで、癌により
亡くなってしまった雅子さん。

いつも綺麗で、強い姿は
女優としてだけでなく
人としても憧れですね。

またステキな旦那さんとの出会いも
雅子さんを変えたのかもしれません。

ドキュメンタリー映画もぜひ見たいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です