MayJ.の歌い方が変わったって本当?病気説も出た歌唱力の真実は

歌が上手すぎて、色んな人のカバーをしている歌手のMayJ.さん。

2018年のMステスーパーライブで
「レット・イット・ゴー~ありのままで~」を歌った時、
「歌い方が変わった」という声が続出していたんです。

MayJ.病気説も浮上!

MayJ.の歌い方を比較して本当に変わったのか
検証したいと思います!

気になる病気説の真実も突き止めました!!

話題の動画を見てみよう!

「レット・イット・ゴー~ありのままで~」の曲調も
大分アレンジがしてありますね。

私達が聞き慣れているものと違うってゆうのもあるんですかね。

これを聞いた視聴者の感想がこちら

確かに昔と比べて、
落ち着いて歌っている感じがするのと、
声も若干荒くなっている気がしますね。

過去の歌い方はどうだったの?比較してみる

こちらは2014年のMay.Jさん。

この4年前の「レット・イット・ゴー~ありのままで~」も
大分アレンジが効いたものになっていますね。

松たか子さんの歌のほうが定着してしまっているので
アレンジが効いたように感じるんでしょうか。

こちらも、落ち着いた雰囲気で歌っていますが、
サビの盛り上がりやのばしの歌い方は
現在よりもダイナミックに歌っている印象
ですね。

けれど思ったよりも変わってなかったなw

私的には、MayJ.さんの歌い方はこんな印象です!

このFirst Loveは2013年のものです。

サビで力がこもって伸びがすごい歌い方をしています。

これを見ると、問題になっている現在の歌い方とは
ちょっと違うなーと思います。

比較される松たか子さんの「レット・イット・ゴー~ありのままで~」は

MayJ.さんの歌がアレンジの効いたものに聞こえるのも
変わったと言われる原因の一つかもしれません。

という事で、本場の松たか子さんの方も聞いてみましょう!

やはり松たか子さんの方が聞き慣れているので
しっくりきますね!

松たか子さんの方が、サビの盛り上がりがすごい!!

もしかしたら、このイメージでいたこともあって、
MayJ.さんの歌に落ち着いた印象を受けたのも
原因の一つかもしれませんね。

比較結果!若干歌い方が変わっていた

過去と現在のMay.Jさんの歌を比較した結果、

サビの盛り上がりや伸ばしの部分で
若干ボリュームが減っていた

という事が分かりました。

MayJ.さんの歌う「レット・イット・ゴー~ありのままで~」が、
一般的に聞き慣れている松たか子さんのものと
曲調が違うことも「歌が変わった」と言われる
原因の一つであることが分かりました。

歌い方が変わったのは病気のせい?

MステのMayJ.さんの歌を聞き、こんな声もあります。

確かに昔と比べると、声の伸びが弱いような
気もしますよね。

調べましたが、MayJ.さんは現在
特に病気にかかっているという事はなさそうです。

原因は精神的なもの!?

調べているとこんなコメントを見つけました。

実はMayJ.さん、2014年にこの「レット・イット・ゴー~ありのままで~」を
歌う中で、世間から大分バッシングを受けて
精神を病んでしまっていた事があったそうです。

元々MayJ.さんは、歌手の歌をカバーすることが多く、
それを気に入らない人達から叩かれていました。

このレット・イット・ゴーも、松たか子さんの方が
映画では使われて主流になったので、
「アレンジきかせるな!」と結構叩かれていたそうです。

ひどいですよね…

このツイートは、その時の事をMayJ.さんが思い出して
歌に響いているんじゃないかといっています。

これに「ありがとう」とコメントを返しているので、
MayJ.さんもそういう思いがあったのだと分かります。

叩かれて心を病んでしまっていた頃のことを思い出し、
胸が一杯になりながら歌ったのでしょうね。

歌い方が変わった大きな原因は、MayJ.の心の問題だった!

いかがでしたか。

MayJ.さんの歌いかたが変わった
という事についてまとめました。

  • 昔の歌い方の方がサビの盛り上がりや
    伸ばし方がダイナミック
  • 松たか子のレット・イット・ゴーが一般的なもの
    という先入観でMayJ.の歌が落ち着いて聞こえる
  • 精神的に病んでいた時期を思い出し、
    歌い方に影響が出ている

個人的には、MayJ.さんの歌声大好きです!

世間の声を気にせず、これからもたくさんの歌を
歌っていってほしいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です