【謹慎処分】金銭を受け取っていた吉本芸人は脱税疑惑も?いくらくらい脱税した事になるか

2019年6月24日。

吉本興業がお笑い芸人11名を
当面の間活動休止の謹慎処分
とすることを発表しました。

カラテカの入江さんが仲介した
事務所を通さない“闇営業”に参加した事が
話題となっていましたが、
その後当初受け取っていないと言っていた
金銭を受け取っていた事が判明。

この処分の報道を受け、
ネット上では厳しい声が
多数見られます。

気になるのは受け取っていなかった
と言っていたお金の脱税疑惑…

芸人達はここで受け取ったお金分も
しっかり税金を納めていたのでしょうか。

調査してみました。

謹慎処分になった芸人達は脱税していた?

今回金銭を受け取ったと言われている芸人たちが
脱税していた可能性はあると思われます。

しかし、年間20万円以上の場合のみ
確定申告する必要があるので、それ以下ならば
脱税していたとは言えないでしょう。

脱税していたとすると…

本来税金は、会社づとめの人は
給料から天引きされていますよね。

吉本の芸人さんたちも、吉本興業の会社が
給料から税金分を引いて
本人たちに手取りを渡しているはずです。

しかし、今回問題となっているお金は、
闇営業をしてカラテカの入江さんから
間接的に受け取ったと報じられています。

ということは、会社から支払われたお金ではないので、
ここで受け取っているお金は税金分が引かれていない
ということになります。

この場合、自分で年末の確定申告で申告して
税金を支払わなければなりません。

その手続をしっかりと行っているのならば大丈夫なのですが、
今回の場合、初めに「金銭は受け取っていない」と
みなさん嘘をついていました。

そうなると、この受け取っていたお金も
しっかりと申告していたのか疑問に思ってしまいますよね…

しかも今回入江さんから手渡しなどで貰っていたとしたら、
このお金は収入として把握しにくくなりますよね…

まさに闇金みたいですね…

スポンサーリンク

脱税していたとしたらいくら?

今回の報道では、一部で宮迫さんには100万円が
支払われているとのものもあります。

芸人たちに合わせて300万を振り込んだという
リークした関係者の話もあります。

ということは、一人あたりで考えても
若手でも10万前後は貰っているのではないでしょうか。

そうなると税金はいくら掛かるのでしょうか。

年間の所得が180万以下だと、
5%の税金がかかってきます。

仮に100万円だとすると、
5%は5万円ですね。

という事は、だいぶ単純計算ではありますが、
宮迫さんが100万円受け取っていたとしたら
5万円を納めなければいけなかった事になります。

他の芸人さん達も同様の計算をすると、
仮に20万もらっていたとすると、
1万円を納める等となります。

(だいぶ単純な計算なので、
実際には誤差があります。)

世間の声は?

今回の謹慎処分で、世間も
厳しい声が目立ちます。

やはりはじめに「お金は受け取ってない」と
嘘をついていた事に対して、
怒っている方も多くいらっしゃるようですね。

確かにはじめから、正直に話していれば
ここまで信頼を失わずに
済んだのではないかと思います。

非難の声がある一方で、
「もっと軽い処分で良いのでは」
「早く戻ってきてほしい」
という声もあります。

応援しているファンのためにも、
反省して戻ってきて欲しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

吉本の芸人が闇営業で
金銭を受け取っていて
謹慎処分になった問題で、
脱税にはならないのかを調べました。

20万以上もらっていた場合、
脱税の可能性はありそうです。

実際は自身で確定申告をしていた
可能性もありますし、
真実はわかりませんが、
脱税していたとしたらそれも問題ですよね。

今回謹慎処分を受けた芸人達は
しっかりと反省して、復活して
またテレビで元気な姿を見せて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です