横浜流星の空手世界回大会の動画がみたい!空手で鍛え上げられた筋肉もすごい

ドラマや映画で活躍中、
最近テレビでよく見かけるように
なってきた横浜流星君。

整った顔と、空手で鍛えた筋肉と
非の打ち所がないイケメンですよね!

あんなに甘いマスクでかわいい顔をしているのに、
実は空手の世界チャンピオンなんです!

そんな横浜流星君が世界チャンピオンになった
極真空手や横浜流星君の空手の実力が
気になり調べてみました!

横浜流星の空手動画が見たい!

調べた所、横浜流星さんの空手の大会の映像は
残念ながら公開されていませんでした。

しかしこちらで空手の練習シーンの映像がありました。

キレと躍動感が半端ない!!

シックスパッドの筋肉といい、かっこよすぎる!

こちらは番組で空手を披露した時のもの。

2017年1月放送の『VS嵐』に出演した時に、
空手を披露していました!

早すぎて見えませんね!!
そしてかっこよすぎる!!!

トッキュウジャーでは空手家役!

極真空手の経験を活かし、横浜流星さんの出演作品、
トッキュウジャーでは4号ヒカリ役を演じていました。

やっぱり動きにキレがありますよね!

また、『烈車戦隊トッキュウジャー』の第33話は
空手のエピソードの回になっているそうです。

横浜流星さんがさぞかし活躍する回だったでしょうね!

横浜流星が極真空手世界一になるまで

横浜流星さんは埼玉県北葛飾郡にある
松伏道場
に所属していました。

横浜流星さんが空手を始めたのが小学校1年生

当時はなかなか勝てませんでしたが、
毎日厳しい練習を重ねてきて徐々に強くなっていったんだそうです。

空手を辞めたいと思ったことある?
というファンの質問にこう答えています。

    「正直…けっこうあります!
    練習は凄くきついし精神的にもきついし
    試合は勝てないし辞めたいと思ったことは
    何回もあります!

    でも続けてきたから今があると思うんです♪

    きつかったけどやめないで
    ずっとずっと練習にはげんで!
    そうしたら結果がでるようになりました!

    「努力は嘘をつかない」

    という言葉は本当にそうだなって思いました!

    今は高校生になって学校も仕事もして
    大変だけど、絶対空手はやめたくないです。

    これからも仕事も学校も空手も
    全力で頑張ります!

だそうですよ!

頑張ったからこそ言える言葉だな
と思いますよね!

また仕事が忙しく空手の練習に行けていない日も、
体型維持のためにやっているのが、

    腕立て100回、腹筋100回、背筋100回、
    スクワット100回、ランニング
    +時間がある時は縄跳びやダンベル

このメニューは毎日行っていたそうですよ!

私だったらこんなの3日も持ちません!w

理想の身体を作るために、
日々の努力を欠かさない所も素敵ですね!

練習で失神したことも!

かなり激しい空手の稽古をししてきた中で、
なんと失神したこともあるそうです。

その稽古は「打たせ稽古」というもの。

先生のローキックをひたすら受ける稽古で、
必死に耐えていたもののそのまま失神してしまったそうです。

こ、怖い…

横浜流星さんは黒帯で世界大会で結果を残すほどの実力の持ち主、
「自分が負けると道場の評判に関わる」と思い、
プレッシャーが半端なかったそうです。

責任感の強さを感じますね!

横浜流星の空手の実力!

横浜流星さんは、極真空手の
初段を持っています。

この初段は、空手を行う人にとっての
目標の黒帯であり、取得まで
なかなか難しい道のりなんだそうです!

無級⇒10級⇒9級・・・へと級と帯が
変わっていく最終地点が初段(黒帯)です。

横浜流星さんは中学生でこの初段(黒帯)になったそうです!

そして中学3年生の時に、
2011第7回国際青少年空手道選手権大会の
13・14歳男子55kgの部で優勝しています!

その後は高校1年で国際大会で3位になる等、
モデルや俳優の仕事をしながらしっかり結果を残しています!

なんて言っても世界で1位や3位をとったんですもんね!

すごすぎます!!

ちなみに横浜流星さんの得意技は、
後ろ回し蹴りと膝蹴りだそうです!

こちらに少し動画が乗っています。

人間業とは思えないw

菅田将暉さんはミットで受けていますが痛そう…

そもそも極真空手ってなに?

対戦相手に技をダイレクトに当てる、
直接打撃制の空手の事
をいいます。

1963 年に誕生しました。

当時の空手界においては、
相手の体に直接当てることを禁じた
「寸止め」ルールが一般的でした。

しかし「自分の攻撃で相手が倒れる程の
ダメージを与えられたかどうかは
実際に相手の体を叩いてみないと判らない」
として、1969 年から「直接打撃制」
を採用した空手道選手権大会を開催。

その後極真ブームが巻き起こり、
国内には 350 を越える道場、
世界には 120 カ国以上に支部道場ができたそうです!

非公認をあわせると、
総勢 1,200 万人もの道場生がいます!

空手といえば寸止めのイメージだったので、
が世界でこんなに広まってるなんて
びっくりしました!!

実際の戦う様子がこちら!

これはほんとに喧嘩の域ですよね…

激しいし、とっても痛そう。

これを横浜流星さんもやってると思うと、
痛そうで心配になります…

この極真空手、
実は他の芸能人でもやっている方がいました!

アクション俳優も務める千葉真一さんや
その息子の新田真剣佑さん。

そして真田広之さんも黒帯保持者だそうです。

確かにアクション技では映えそうですよね!!

横浜流星の空手の実力はガチだった!

いかがでしたか。

横浜流星さんの空手についてまとめました。

  • 極真空手という、対戦相手に技をダイレクトに当てる直接打撃制の空手をやっている。
  • 小学校1年生から空手を始めて、中学で初段(黒帯)を取得していた。
  • 中学3年生で2011第7回国際青少年空手道選手権大会の13・14歳男子55kgの部で優勝。
  • トッキュウジャーでは空手家役を行うなど、空手の経験を活かして俳優として活動している。

空手を長年やってきたことで、肉体だけでなく
精神面でも鍛えられたと語っていた横浜流星さん。

大変な芸能界でもその経験を生かして
ぜひこれからも活躍していってほしいですね!

横浜流星さんのまつげについてまとめた記事です。

こちらもぜひ御覧ください!
横浜流星のまつげはどうしてカールしてるの?ふさふさだけど体毛も濃いか検証

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です