虐待で水風呂に入れた内縁夫婦の提示した10項目とルールとは?八尋潤と母親の顔画像は?

2018年12月に、
小学2年の長女(8)の両手足を縛り、
自宅の水風呂に入れ放置したとして、
14日に福岡県筑紫野市の
アルバイトの母親(29)と
同居する内縁関係の自営業、八尋潤容疑者(29)が
殺人未遂容疑で再逮捕されました。

2人は今年1月にも同様の虐待をしたとして、
逮捕されていました。

長女に対し約束を守れなかった時の「しつけ」と称し、
長い時は数時間、水風呂に入れる虐待を繰り返し、
動画撮影もしていたといいます。

酷すぎる事件…

この事件の10の項目とは一体なんなのか、
ルールはどんなものか、
調べました。

この内縁の夫婦の提示した10項目とは

10項目の契約書はこちら。

  • うそをつかない
  • いわれたことはいちどできく
  • わがままをいわない
  • やくそくをわすれない
  • やることはじぶんでやる
  • おこられることはしない
  • これをまもります

現在は10項目あるうちの6項目のみ、
発表となっています。

なぜ全て発表できないのでしょうか。

理由として考えられるのが、
項目内容があまりに酷いものであった
という事。

こんな虐待をするような内縁夫婦なので、
内容もすごいものだったのかもしれませんね。

この約束を紙に書かせ、
机に貼らせていたそうです…

スポンサーリンク

約束を守らない時の水風呂ルールとは?

約束を守れないと水風呂に入れる
虐待を繰り返していた夫婦。

八尋容疑者の発案により行なっていたそうです。

この内縁の夫婦のルールでは、
水風呂に入れる時間は
約束を破った項目の数
で決めています。

時間は普段でも1~2時間程度、
長い時には数時間に及ぶこともあったんだとか。

水風呂は座った状態で
顔がぎりぎり出る深さ。

ひものようなもので長女の両手を後ろ手に縛り、
両足も縛っている状態。

再逮捕されたときの状態では、
水温が約11度、
長女がパニックになって気絶するまで
放置したそうです。

こんなの怖すぎますよね…

しかも2人は長女を水風呂に入れる様子を
スマートフォンで動画撮影し、
「LINE(ライン)」で共有していたと
されています。。

とても人がやる事とは思えないほど
残虐な行為ですね…

八尋潤と母親の顔画像は?

現在は八尋潤容疑者の
画像だけ公表されています。

母親はなぜ名前も顔も公表されないのか。

理由は母親を公表すると、
虐待を受けていた長女が
特定されてしまう恐れがあるからです

たしかにここで一番大切な事は、
虐待されていた女の子を
保護する事ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

福岡の長女を水風呂に入れて
虐待した事件について
まとめました。

本当に残虐であってはならない事だとおもいます。

内縁夫婦2人はしっかりと反省して、
罪を償ってほしいですね。

女の子が1日でも早く
回復して普通の生活が送れるように
なる事を祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です