【天気の子】聖地巡礼したいロケ地はここだ!離島はどこなのか予想してみた

2019年7月19日に、
「天気の子」が公開されます!

待ち遠しいですね!!

「君の名は。」も大いにハマり、
聖地巡礼もした私ですが、
「天気の子」ももちろん聖地巡礼したい!!!

という事で、「天気の子」の
聖地・ロケ地はどこなのか
調査しました!!

「天気の子」の聖地巡礼したいロケ地①東海汽船・さるびあ丸

さるびあ丸に乗るためには

こちらの東海汽船のHPに詳しく掲載されています。

参考 さるびあ丸乗船方法東海汽船HP

さるびあ丸は大型客船で、
旅客定員が816人だそうです!!

ベットや布団がついている部屋もあって、
なんだか豪華客船って感じですね!

注意したいのが、他のジェット船と違って、
出港地が東京・竹芝客船ターミナルか横浜大さん橋のみだということです。

上のHPのトップページから、

船にのる → 予約から乗船まで

という項目をクリックして進めていけば

①インターネット ②電話 ③旅行会社 ④キャンセル待ち。団体予約等

という項目があり、これらの方法での予約の仕方が
記載されています。

    ※なんと現在のさるびあ丸は2020年で引退となるそうです!!

    早めに利用しないとですね!!

スポンサーリンク

「天気の子」の聖地巡礼したいロケ地②代々木会館

代々木会館

アクセス

住所:〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目35−1

    代々木駅から徒歩2分。

    南新宿駅から徒歩4分。

    千駄ヶ谷5丁目(都バス23区)から徒歩3分。

    代々木一丁目(渋谷区コミュニティ)から徒歩5分。

ロケ地は情報が出次第、
順次更新していきます。

帆高の住む離島はどこ?

帆高は離島から家出をして
東京にやってきています。

その離島はどこなのか。

ネットでは色々な憶測が飛び交っています。

物語の設定と実際のものとは
違うかもしれませんが、
上で分かったように
帆高が乗る船は「さるびあ丸」で
間違いなさそうです。

という事は、さるびあ丸が回る島

大島・利島・新島・式根島・神津島

のどれかの可能性が高そうです。

そしてツイッターでも話題になっているように、
この中の島で高校があるのは

大島・新島・神津島 の3つ。

さらに新島高校に船で通える
式根島という可能性もあるといいます。

ここまで考えなかったなぁ…

ここからは私の見解ですが、
私は神津島だと推測します!

この神津島の由来は、
伊豆の島々を作るために、
神々を集めて話し合う場がこの島であったことから
つけられたと言われています。

神話によれば伊豆の島々を造った神様が
集まるところということから
「神集島」の名が生まれ、
それが転訛して神津島となったんだとか。

この神聖な感じ!

なんか新海さんっぽくないですか?w

まだ予告編が放送されているだけなので、
詳しい事は分かりません。

また分かり次第追記します。

聖地巡礼が楽しみ!

いかがでしたか。

新海誠監督の新作映画「天気の子」の
予告編が発表されたのに伴って、
ロケ地を紹介しました。

今回は東京で巡りやすい部分と、
離島は混雑しそうですね…

けれどきれいな描写で素敵な世界観を
見せてくれる新海監督の作品の元となったロケ地は、
ぜひともこの目で見たいですよね!

これからもっと沢山の情報が入ってくると思うので、
順次追記していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です