鈴木武蔵のタトゥーの意味は?いついれたのかも調査!

現在北海道コンサドーレ札幌で
FWとして活躍し、
キリンチャレンジカップ2019の
メンバーに選出された鈴木武蔵選手。

高校時代から日本代表にも選ばれ
注目選手でしたが、
プロになってからも益々上手くなってますよね!

そんな鈴木武蔵選手の左腕のタトゥーが気になります!

どんな意味なのか、いつ入れたのか
調べてみました!!

鈴木武蔵のタトゥー画像

こちら鈴木武蔵選手の
タトゥーが写っている写真になります。

ちょっと分かりにくいですが、
左腕に「武蔵」と入っています!

日本人が漢字のタトゥーを入れるのって
あまり聞かない気もしますが、
「武蔵」ってかっこいいですね!!

そしてその後、タトゥーが増えています!

右と左腕に入っているのが分かります。

これは全体がよく見えず
どんな模様なのか分かりませんが、
結構広く掘っている感じですね!!

なぜ自分の名前をタトゥーで入れたのか

鈴木武蔵選手は、自分の「武蔵」という名前を
とても気に入っているようで、
高校生の頃はサッカーのスパイクにも
「武蔵」と入れていたそうです!

このことに対して、鈴木選手は
こう語っています。

    「名前、一番好きだし格好いいんで。

    刺繍にしたら『武蔵』が凄く格好良かった。

    名前をつけてくれたお母さんに感謝です」

自分の名前を気に入っているなんて、
なかなか聞かないですよねw

けどこんなに名前を気に入ってもらえたら、
母としてはすごく嬉しい!!

鈴木武蔵選手はきっと、
母親思いの優しい方なんだろうな
というのも感じますよね!

腕へのタトゥーも、大好きな自分の名前を
掘ったのではないかと思われます。

スポンサーリンク

いつタトゥーを入れたの?

鈴木武蔵選手がタトゥーを入れた時期は、
「武蔵」の漢字を入れた時と
その後の模様を入れた時、
最低2回だと思われます。

まず「武蔵」のタトゥーは、
2014年8月〜2015年12月の間に
入れた可能性が高そうです。

2014年8月のこの鈴木武蔵選手の腕には、
タトゥーはなさそうです。

しかし、2015年12月のこの写真には
ばっちり映っていますね!

という事で、この1年4ヶ月の間に
タトゥーを入れた可能性が高そうですね!

この期間の間、2015年1月に
結婚をしています。

また2015年8月には、
水戸ホーリーホックに期限付き
移籍をしています。

なのてもしかしたら、
結婚を機に?!なんて事も
あるかもしれませんね!

2回目のタトゥーは、
2017年12月から2018年4月
の期間でいれています。

2017年12月にはなかったですが、

https://instagram.com/p/BOR22xgDYME/

2018年4月頃の写真には映ってますね!

この時、鈴木武蔵選手って
アルビレックス新潟から
V・ファーレン長崎へ移籍が決まった
あたりなんです。

もしかしたらタトゥーにも、
移籍に関しての想いとかが
こもっているかもしれませんね。

鈴木武蔵のタトゥーには
彼の思いが込められていた!

いかがでしたか。

鈴木武蔵選手の腕のタトゥーについて
調べてみました。

「武蔵」タトゥーは、
2014年〜2015年の間に。

この期間には結婚もされていました!

その他のタトゥーは、2017年〜2018の
アルビレックス新潟からの移籍の時に
掘った可能性が高そうです。

鈴木武蔵選手にとって転機となる時の辺りで
2つともいれています。

やはりタトゥーには鈴木武蔵選手の
思いが込められている可能性が高そうですね!!

今後益々活躍が期待される鈴木武蔵選手。

私たちファンも応援し続けていきましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です