小林龍尚(たつなお)選手はスキージャンプ4兄弟末っ子だった!両親や兄弟の仲を調査!

スキージャンプの期待のエース
小林龍尚さん。

2019年2月9日に行われた
秋田・花輪スキー場の
男女スペシャルジャンプの大会では
男子スペシャルジャンプ(ヒルサイズ86メートル)で
2位に入賞しました!

「兄を超えるのは自分!」と豪語する龍尚選手。

兄弟関係や両親のことが気になったので
調べてみました。

長男・小林潤志郎

27歳

雪印メグミルク

高校時代はノルディック複合の選手として活躍し、
3年時にはノルディックスキー
ジュニア世界選手権の複合・個人スプリントで優勝金メダルを獲得しています!

平昌五輪代表選手としても
活躍していましたね!

次男・小林陵侑

22歳

土屋ホーム所属

5歳の時にスキーを始め、
小学1年生の時にジャンプを始めました。

高校まではノルディック複合にも取り組んでおり、
全日本中学大会で史上2人目の
ジャンプとノルディック複合の2冠を達成しています!

すごすぎる!!

長男共に平昌五輪代表選手としても、
かつやくしていましたね!

長女・小林諭果

24歳

CHINTAI所属

小学校4年生から柏台スポーツ少年団で
ジャンプ競技を始めました。

2015年冬季ユニバーシアードでは個人、
女子団体で銀メダル、混合団体で金メダルを獲得。

アルマトイでの2017年大会では、
女子団体で前回大会の雪辱を果たす金メダルを獲得しています。

兄弟の仲は?

兄弟4人の関係については
とくに公表されていませんでした。

しかし龍尚選手は、インタビューで
「尊敬する兄」「兄がいるから頑張れる」
と言った発言をしています。

そのため、兄弟の仲は
良いのだと推測されます。

4人ともスキージャンプをやっている時点で
関係が悪くないんだろうなって
感じですよね!!

龍尚選手の両親は?

龍尚選手の父親は、
中学校の先生をやっているそうです。

時間を作っては、子供達を
スキーの練習に連れて行ったり、
道具を買ってくれたりする
熱心にスキーを教えてくれる父親だった
そうです。

母親については公表されていませんでした。

しかし、こんなに素晴らしい4兄弟を
育て上げたお母さんなので、
優しく厳しいステキなお母さんなのでは
ないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。

小林龍尚選手の兄弟や両親について、
調べてみました。

ジャンプの先輩である兄や
理解ある両親に育てられた龍尚選手。

何年記録が伸びてきていますし、
これからの成長が楽しみですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です