【画像】昭和大学病院で性的暴行を加えた医師のFacebookが判明!容疑を否認しているが事実はどうなのか

スポンサーリンク
2019年2月27日。

昭和大学病院内科医の
金古政隆容疑者と研修医の大林久晃容疑者が
『わいせつ略取』と『準強制性交』の容疑で
逮捕されました。

容疑を否認しているようですが、
警察が動いたという事は
それなりに証拠等がそろっているのでは
ないでしょうか。

この事件の容疑者、
金古政隆容疑者と大林久晃容疑者を調べると
本人のFacebookを発見しましたので
紹介したいと思います。

金古政隆容疑者

こちらが金古容疑者の画像です。

  • 名前:金古 政隆
  • 生年月日:1990年5月6日(28歳)
  • 出身大学:岩手医科大学 医学部
  • 出身高校:桐光学園高等学校
  • 出身地:神奈川県川崎市
  • 桐光学園高等学校出身という事で、
    やっぱり頭が良いですね!

    Facebookでは友達も280人おり、
    人気者だったのではないかと思われます。

    スポンサーリンク

    大林久晃容疑者

    こちらが大林容疑者の画像です。

  • 名前:大林 久晃
  • 年齢:26歳
  • 出身地:東京都品川区
  • 出身高校:東海高等学校
  • 出身大学:昭和大学 医学部
  • 事件の内容は

      女性に睡眠薬を飲ませた上で、わいせつな行為をしたとして、警視庁捜査1課は27日、準強制性交とわいせつ略取の容疑で、昭和大学病院(東京都品川区)の内科医金古政隆(28)=同区西中延=、研修医大林久晃(26)=横浜市都筑区荏田東=両容疑者を逮捕した。

       
       金古容疑者は「酩酊(めいてい)状態の女性と合意で性交したが、薬は飲ませていません」と容疑を否認。大林容疑者は乱暴したことは認めたが、薬の使用は否定しているという。

       逮捕容疑は1月18日午後11時~19日午前5時半ごろ、東京・目黒駅近くのカラオケ店で酒などに睡眠薬を混ぜて20代女性に飲ませ、金古容疑者の自宅マンションに連れ込み、わいせつな行為をした疑い。女性の体内からは睡眠薬の成分が検出された。

       同課によると、両容疑者らは女性2人と18日夜から居酒屋で飲酒し、その後カラオケ店に移動した。薬物の入った酒などを多量に飲ませたとみられ、女性2人はマンションへ入る際、一人では歩けないほど泥酔していたという。

       2人は19日朝にマンションから逃げ出し、警察に被害を訴え出た。睡眠薬は市販薬ではないといい、同課は今後、薬の入手ルートやもう1人の女性に対する乱暴の有無などを調べる。

      参考:Yahoo!ニュース

    容疑を否認しているという事ですが、
    女性の体内から睡眠薬が検出されている事や、
    その睡眠薬が市販のものでない事から、
    容疑者2人が睡眠薬を飲ませた可能性は
    十分に考えられますよね。

    スポンサーリンク

    昨年も昭和大学関連の事件が…

    昨年12月18日に、
    昭和大学医学部2年、四十宮直樹容疑者が
    東京都台東区根岸1丁目のホテルの一室で、
    タイ国籍の派遣型風俗店アルバイト、
    セーンネ・パニダさん(当時19)に
    暴行を加え殺害しました。

    四十宮容疑者は暴行を加えた直後、
    ホテルの窓から飛び降り、入院していた。

    四十宮容疑者は
    金属製のトルクレンチで
    被害者女性を殴って殺害しています。

    3ヶ月の間に昭和大学周囲で
    2件も事件が続き、
    昭和大学の医学関係者は大変そうですね。。

    まとめ

    いかがでしたか。

    昭和病院の医師による
    性的暴行事件についてまとめました。

    医師という立場を利用して薬を用いて
    犯罪を犯すという卑劣な事件だと思います。

    容疑を否認しているという事ですが、
    被害女性の気持ちを考えると、
    一刻も早く解決してほしい事件ですね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です