【信州花フェスタ2019】入場料はいくら?会場ごとの金額をまとめ

2019年4月25日から開催される信州花フェスタ!

色鮮やかな花が咲き誇るのを見るのはもちろん、
北アルプスが望める最高の景色と一緒に見ることができるのが
また素敵ですよね!!

私も開催が今から楽しみすぎるんですが!

気になるのは入場料金…

会場もいくつかあるので、
それぞれでお金がかかったら結構出費が重なりそう…

そこで今回は信州花フェスタの入場料金を
会場ごとに調べてみました!!

メイン会場・長野県松本平広域公園(信州スカイパーク)

メイン会場となる松本平広域公園の入場料は無料です!!!

信州スカイパークと言う名前からイメージできるように、
横を松本空港に発着する飛行機の滑走路があり、
発着する飛行機を近くで見ることができます。

公園内は、園内を一周するウォーキングで10キロほどあるという、
とっても広い公園になっています!

信州花フェスタ中は、A〜Nのエリアで、
それぞれ特有の花を楽しんだりイベントを楽しんだり、
アスレチックがあったりするので子供も楽しむことができますよ!!

参考 信州花フェスタHP

会場の様子がこちら!

サブ会場・国営アルプスあづみの公園[堀金・穂高地区][大町・松川地区]

国営アルプスあづみの公園の入場料は有料です。

料金設定は以下のようになっています。

  • 大人(15歳以上)…当日券:450円  2日通し券:500円
  • シルバー(65歳以上)…当日券:210円  2日通し券:250円
  • 小人(14歳以下)…無料

中学生以下は子供料金が無料なのが嬉しいですね!!

[堀金・穂高地区]と[大町・松川地区]がありますが、
どちらかで入場券を買えば
もう一方の公園内にもそのチケットで入ることができますよ!!

国営アルプス公園【堀金・穂高地区】はチューリップや菜の花、ユリが
時期でとてもきれいに咲いています。

園内には川や池も流れていて、
水遊びが楽しめるエリアもあります!

また、「あづみ野学校」という施設も併設されていて、
中では木などでものづくりをする体験学習ができたり
魚などの生き物も展示されていたりして、
大人も子供も楽しめる施設となっています!

国営アルプス公園【大町・松川地区】では、
ツツジが見どころかもしれませんね!

とても広い園内は、

センターゾーン・保全ゾーン・林間レクリエーションゾーン
・渓流レクリエーションゾーン・自然体験ゾーン

に分かれていて、散策して自然を感じたり、
アスレチックや川遊び等で体感して遊べたりします!!

スポンサーリンク

サブ会場・長野県烏川渓谷緑地

烏川渓谷緑地も入場料金はかかりません。

こちらは公演というよりは、山を散策する
トイ売った感覚のほうが近いかもしれません。

多種多様な種類の山の植物が生えています。

そしてとても立派な滝があり、
それが烏川渓谷緑地の魅力の一つです。

浅くて緩やかな流れの川もあるので、
暖かければ川遊びもできて最高ですよ!

入場料はほぼなし!信州花フェスタを楽しもう!!

いかがでしたか。

信州花フェスタ2019の入場料金についてまとめました。

サブ会場・国営アルプスあづみの公園[堀金・穂高地区][大町・松川地区]でのみ、
当日券で最大450円がかかるだけで
あとは全てのエリアで無料でしたーー!!!

無料ってすごくいい響きですね♪

どのエリアも花はもちろんですが
他の魅力も満載なので、
ぜひぜひ全てのエリアに足を運ぶことをおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です