【音声】桜田五輪相が被災地への失言でついに辞任!揚げ足取りされ続けたけど今回は養護の余地なし?

2019年4月10日。

桜田五輪相が、東京都内で開かれた
自民党の高橋比奈子衆議院議員のパーティーの挨拶で、

「復興以上に大事なのは高橋さんだ」

と失言をし、非難殺到。

辞任に追い込まれた。

これまで数多くの失言で話題に上がっていた桜田大臣。

「マスコミの切り取りがいけない」

と養護する市民もいました。

しかし今回ばかりはひどすぎる!!
と非難の声も多く、
結果辞任に追い込まれました。

今回切り取り報道は影響しているのか、
実際の音声も聞きつつ考察していきたいと思います。・

桜田五輪相の失言の音声

こちらが今回辞任に追い込まれた、
高橋比奈子議員のパーティでの
桜田五輪相の発言です。

    世界中の人が日本に来ますんで、
    岩手県にも行くと思いますんでね。

    おもてなしの心を持って復興を協力していただければ
    ありがたいと思います。
    そして復興以上に大事なのが高橋さんでございますので、
    よろしくどうぞお願いします。

残念ながら切り取られていて、
失言の直前から直後までしか
載っていませんでした…

もしかしたら、重要な発言を
この前後で言っていたのかもしれません。

けれど、たとえ切り取り報道だとしても、
この「復興以上に大事なのは高橋さんだ」という発言は
問題のあるものだと思います。

なぜこんなことを言ってしまったのか

桜田五輪相は高橋比奈子衆議院議員の
パーティー後のインタビューで問題の発言について聞かれた桜田五輪相は、

「そんなことは言っていない。記憶にない。」

と記者に答えたそうです。

ということは、無意識のうちに
高橋議員の方が大切といってしまったんですね。

これは私の考察ですが、
桜田五輪相は高橋比奈子議員のパーティの挨拶ということで、
話の締めに高橋議員の応援を呼びかけようとして、
高橋議員をヨイショする表現が、結果この失言に繋がってしまったのかなと思いました。

けれどやっぱり「復興以上に大切」という発言は
一大臣としても人としても、けして言ってはいけないこどですよね。

未だにもとの生活に戻れず、日々つらい思いをしながら
生活している人々にとっては
この発言はショックですよね。。

スポンサーリンク

過去の失言は?

桜田五輪相といえば、過去にも何度も
失言について問題になっていました。

①2月に池江璃花子選手の白血病が明らかになった時、
「がっかり」と発言していました。

②3月に東日本大震災の被害について、
「国道交通網と高速道路が健全に動いていた」
と述べたが、実際は動いていなかった。

③衆議院予算委員会に遅刻していた。

これらはマスコミの切り取り報道もあり、
桜田五輪相を陥れるような報道の
持っていき方をしているものもあったと思います。

ほんとに、何かと話題に上がりますね…

世間の反応は?

今回の失言と辞任に対しての
世間の反応がこちら。

批判的な意見が多いですね。

やはり何度か失言などでマスコミに揚げ足を取られていることもあり、
「もういい加減…」
という感じの方もいますね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

桜田五輪相が「復興以上に大事なのは高橋さんだ」
と失言をし、辞任に追い込まれたことについてまとめました。

これまで色々と問題発言があり、
揚げ足を取られて大変な思いをしてきたであろう桜田大臣。

これまでは少し可愛そうだと思う所もありましたが、
今回はそこだけ取ったとしても失言だったと思います…

大臣という立場を理解した上で、
発言にも責任をもってほしかったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です