【ピエール瀧】保釈金額や保釈後の動きはどうなるか調査!妻とは別れない方向?

2019年3月13日にコカインを摂取したとして、
麻薬取締法違反の罪で起訴された
ミュージシャン兼俳優の
ピエール瀧被告(51)が、
4月4日に保釈される事がわかりました。

逮捕から20日あまり。

この20日で瀧容疑者の周りは
ガラッと変わってしまったでしょうね…

この保釈で瀧容疑者は保釈金を
いくら支払ったのか、
またなぜ保釈を要請したのか、
瀧容疑者が保釈期間中に何をするつもりなのか
調べてみました。

瀧容疑者の保釈金はいくら?

瀧容疑者の保釈金は、
500万〜700万だという事です!

一般的な保釈金は200万円ほどが相場です。

しかし芸能人などは、
“有名人相場”というのがあるそう。

酒井法子さんや清原和博さん、高知東生さんなど、
薬物事件での保釈は500万円
ほどだったと
いわれています。

因みに、瀧被告と同じ麻薬取締法で起訴された
押尾学さんの保釈金は1000万円なんだとか!

押尾学さんのケースは特別で、
薬により亡くなった方がいて、
保護責任者遺棄致死の罪にも問われたことから、
保釈金が高額になったといいます。

CHAGE&ASKAのASKAさんは
資産や印税収入などが多く
保釈金が700万円と少し高め。

なので瀧被告も500万円から700万円くらいに
なりそうだという事です。

ASKAさんって清原和博さんや酒井法子さんよりも、
稼いでいらっしゃったんですね!!

そこも驚きました!w

瀧容疑者の保釈期間中の動きは?

瀧容疑者は保釈期間中に
いったいどのように行動するつもり
なのでしょうか。

まずは関係者に謝罪に回りそうですね。

所属していた事務所、電気グルーヴの相方石野さん、
出演していた番組関係者や映画関係者、
それぞれの元へ謝罪に回りそうですね。

多大な迷惑をかけてしまったので
仕方ない事だと思いますが、
めちゃめちゃ怒られそうで
想像すると怖い…w

そして、薬物依存症を断ち切るため、
医療機関や薬物依存症の回復支援団体と
繋がり回復の為の治療を始めるかもしれません。

20年もコカインを使用していた瀧容疑者。

もしかしたら薬物をやめたくてもやめられない
「薬物依存症」に悩んでいたかもしれません。

この場合、病院や回復支援施設などで
回復のために治療をおこなう必要があります。

しかし、勾留中はなにもすることができません。

そこで保釈期間中に、

ダルク(薬物依存症を回復する為の支援団体)
や病院などにつながるケースが多いそうです。

ASKAさんや清原和博さんも、
保釈後に治療につながり、
回復へ向けて取り組んでいたそうです。

なので瀧容疑者も保釈期間中に
治療に向けてこういった機関と
繋がりを持つ可能性もありますね。

スポンサーリンク

妻が身元引受け人!別れないの?

保釈には身元引受け人が必要で、
どうやら瀧容疑者の妻が
身元引受け人となるようです。

賠償金も5億で過去最高と言われていて、
これから辛い人生かもしれません。

しかし、奥さんは別れないと言っているそうで、
瀧容疑者の経営する予定だった飲食店を
奥さんが経営することも分かっています。

とても頼もしい、いい奥さんですね。

それだけ瀧容疑者との繋がりが深く、
いい関係が築けていたのでしょうね!

まとめ

いかがでしたか。

瀧容疑者の保釈を受けて、
保釈金額や保釈後の動き、
奥さんとの関係をまとめました。

まだまだ問題が山積みですね…

瀧容疑者もとても反省している様子ですし、
薬物依存を断ち切れるように
しっかり治療を受けてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です