【悲報】西野カナは歌が下手になったと噂!過去との比較や原因を調査してみた

歌手の西野カナさんが、
2019年2月3日のコンサートを最後に
無期限の活動休止を発表!

そして昨日ラストのコンサートが行われました。

女子の恋愛事情をよーく理解した
共感できる歌詞と可愛い歌声で、
大人気だっただけに、悲しむファンも多いと思います。

一方で、「なんか昔と歌声が違う」「下手になった…?」と
否定的な意見も…

私も正直、あれ…?って思いました。

調べてみると、どうやら2018年の頃から歌が下手と
言われ始めている様子。

という事で今回は、
西野カナの歌声がほんとに変わったのか、
過去との比較や原因を探っていきたいと思います!

歌声が変わった?過去と現在を比較

西野カナさんの歌を、過去と現在で比較してみましょう!

私が一番気になった、西野カナさんの「好き」という歌で
比較してみたいと思います。

  • 過去の歌声
  • 2014年10月15日に発売された「好き」

    今から約4年前ですね。

    この頃はライプでの歌もすごく上手で
    聞き入ってしまいます!!

  • 現在の歌声
  • これは2019年2月3日のラストライブでの西野カナさんの「好き」です。

    1分26秒から始まります。

    ん…??ってなりませんか。。

    どこが変わった?検証結果

    なぜ現在の歌声に違和感を覚えるのか。

    その違和感の現況を確かめてみました。

  • 1・高音域が出ていない
  • 「好き」では、丁度サビに入る高音域の部分が
    一番気になると思います。

    過去の歌声だと綺麗に高音も出ているのですが、
    現在の歌声は少し低めですよね。

    だからなんかバックの音楽ともかみ合っていない印象をうけます。

  • 2・声がかすれている
  • 全体的にみて、4年前の歌声は透き通った綺麗な声をしていますが、
    現在の動画の映像は少し喉がつらそうな、
    太めの声をしている印象があります。

    言いすぎかもしれませんが、
    酒ヤケしちゃったのか?って感じです…

    ではなぜ変わってしまったのでしょうか。

    原因を考えてみます。

    西野カナの歌が下手になった理由1:病気が原因?

    まず歌が下手になってしまった原因として
    考えられるのが病気説。

    しかし調べてみたのですが、
    西野カナさんが病気になった
    という話はどこを探しても
    出てきませんでした。

    スポンサーリンク

    西野カナの歌が下手になった理由2:加齢が原因?

    次に考えられるのが、
    年をとった事が原因考えられる加齢説。

    年をとると喉の筋肉が衰えて、
    音程を調整しにくくなるんだそうです。

    確かに、浜崎あゆみさんなんかも
    若い頃と比べると
    声が低くなって高音があまり
    でなくなってますよね!

    この症状に似てるかもと思ったんですが、
    西野カナさんはまだ29歳。

    20代でそんな衰えるの?
    ってかんじですよね。

    デビューが19歳なので今年で10年目。

    10年間歌い続けてきた
    と思うとすごいですよね!

    10年使い続けてきた喉の
    不調はもしかしたら考えられる理由の
    1つなのかなと感じました

    やっぱり西野カナの歌は変わってた!

    いかがでしたか。

    「西野カナの歌が下手になった」
    という噂を調べてみました。

  • 確かに歌は過去の方がうまかった。
  • 高い声が出ていない・
    声が太くなった印象を受ける
  • 原因は加齢というより
    喉の使いすぎではないか
  • という事でした。

    これから無期限の活動休止。

    しばらく私たちの前に出てくることは
    なくなってしまい寂しいですが、
    また元気な姿を見せて欲しいですね!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です