【犯人特定!?】鳴戸部屋でいじめ発覚の加害者は隅田川だった!被害者も特定か

2019年1月31日、、
鳴戸部屋の三段目力士が
未成年の弟弟子に暴力やいじめをしていた事が判明しました。

琴欧洲の鳴戸部屋といえば、
ブログやTwitterではとても仲が良さそうな雰囲気だったので、
このいじめの事実はとてもショックです。

そして調べていくにつれ、
犯人はこの力士しかいないじゃん!!
と、暴力を奮っていたであろう力士が
判明しました。

そこで今回は、暴力を奮っていた可能性のある力士と、
被害者の力士を推測していきたいと思います。

事件の全容は?

    日本相撲協会は31日、元大関琴欧洲が師匠の鳴戸部屋で20歳の三段目力士が未成年の弟弟子に柔道の絞め技をかけるいじめを繰り返していたと発表した。2月8日に開く臨時理事会で関係者への処分を決める方針。昨年12月に施行した暴力禁止規定では、幕下以下に対しては「出場停止のほか、けん責、または懲戒に至らない注意処分なども選択し得る」としている。

     相撲協会によると、この三段目力士は弟弟子の生活上のミスを名目に暴力をエスカレート。自身だけでなく別の弟弟子にも絞め技をかけるように命じ、昨年末には被害者を失神させた。暴力行為は今年1月まで約10回に及び、部屋のマネジャーを通じて知った親方が13日に問いただすと事実を大筋で認めたため、同日のうちに協会に報告した。

     八角理事長(元横綱北勝海)は、昨年12月に発足したコンプライアンス委員会の青沼隆之委員長(元名古屋高検検事長)に事実関係の調査と処分意見の答申を委嘱した。暴力禁止規定に基づく暫定措置として、三段目力士は初場所の出場を自粛。弟弟子にけがはなく、被害届を出さない意向を示しているという。 

    時事通信社より引用

いじめ加害者の可能性のある力士は誰?

特定はできませんが、
加害者である力士は
三段目  隅田川(すみだがわ)
である可能性が多いです。

理由として3つあげられます。

1つ目は、20歳以上という所。

この時点で三段目で20歳以上は隅田川と虎来欧に絞られます。

2つ目は、柔道の絞め技をかけたという所。

隅田川は過去に柔道を習っていた、柔道経験者です。

3つ目は、初場所を隅田川が休んでいるという事。

今場所になり、鳴戸部屋で一人だけ休んでいます。

以上の3つから、
暴力を起こした力士は隅田川ではないか
予想します!

スポンサーリンク

いじめ被害者の可能性のある力士は誰?

いじめ被害者の力士はまだ未成年とのこと。

弟弟子の力士で未成年の力士は、

欧翔山・本間・川村・安齋
の4人です。

しかし欧翔山は兄弟子だという事。

なので、本間・川村・安齋中の誰かが
暴力を受けた可能性があります。

世間の声は?

ショックを受けている方が多いですね。

しかし、また頑張って欲しいと、
応援する声も多く見られました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

鳴戸部屋での暴力事件、
加害者は残念ながら隅田川が濃厚ですね。

被害者も何人か特定できました。

人数が少なく見ていると仲が良さそうな部屋だっただけに
ショックを受けている人も多いですね。

どうか加害者はしっかり反省して、
今後は相撲界での暴力事件は絶対に無くなってほしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です