中川皓太の球種や球速はどのくらい?投球フォームの改造前と後ではどう違う?

読売ジャイアンツの左のリリーフエース
中川皓太投手。

不安定なリリーフ陣の中で
今シーズンは安定した成績を残し、
クローザーを任されています。

そんな中川投手の
球種や球速、投球フォームを改造して
どうなっているのか
調べてみました。

中川皓太の球種は?

中川投手が投じる球種は

  • ストレート
  • カーブ
  • スライダー
  • チェンジアップ
  • シュート

と多彩です。

広島県の山陽高校時代は
大きなカーブを武器としていました。

東海大学に進学してからも
カーブを中心に投げ込み、
成績を残していきました。

プロ入り後も同じように
ストレートを見せて
カーブで打ち取る
投球の組み立てでした。

少し制球が甘くなれば
痛打されるプロの世界。

3年目の昨年は
30試合に登板したものの
防御率は5.02と良くない数字でした。

ところが今年のシーズン前、
中川投手は思いがけない言葉を耳にします。

「君のスライダー、
一番衝撃を受けた」

言葉の主は広島東洋カープから
FA移籍してきた丸佳浩選手でした。

丸いわく、投球にはマウンドから
ストライクゾーンへの軌道があるといい、
「一度、外れた球は普通はそのまま外れる。

でも皓太のスライダーはそこから
ビューンとすごい角度で
ゾーンに戻ってくる。

去年初めて見たとき、
一番の衝撃を受けました」。

実際の対戦結果は
丸が2打数2安打だが、
各球団のエース級の変化球と比べても、
抜群のキレだと熱っぽく語っていた。

引用:サンケイスポーツ

2年連続MVPを受賞している
丸選手から褒められて、
嬉しさと驚きがあったと語っていた中川投手。

プロの世界で努力を重ねる中、
信頼をしていなかったスライダー
武器になっていたようです。

中川皓太の球速は?

中川投手の球速は
プレーするカテゴリーが上がるごとに
速くなっています。

高校時代は
130キロ中盤から140キロが多く
MAX142キロを記録。

大学時代は
MAX144キロのストレートを
投げ込んでいました。

プロ入り後も
球速は上がり、
今シーズンは140キロ後半が多く、
150キロを記録した投球もあります。

日々のトレーニングで
体が大きくなり、力がついたことや
投球フォームの改造が
球速アップに繋がっています。

中川皓太が投球フォームを変えた理由は?

中川投手は昨年夏から
サイドスロー気味に
腕を下げて投球するようになりました。

それまでは上から投げ下ろす
投球フォームでしたが、
2軍では抑えられても
1軍では打たれる日が続きました。

そこである日の練習中に
軽い気持ちで
腕を下げて投球してみました。

「最初は遊びのような感じで、
試しに腕を下げてみたんですよ。

そうしたら結構
しっくりくるものがあって……。

サイドハンドの
田原(誠次)さんに相談したり、
阿部(慎之助)さんに
打者の視点で見てもらったりして、
今の投げ方へと落ち着きました」

引用:Web Sportiva

サイドスローの先輩である
田原誠次投手からは
体の使い方を
レクチャーしてもらいました。

平成20年代のチーム黄金期を
捕手として支え、多くの投手をリードしてきた
阿部慎之助選手からも
助言をもらいました。

腕を下げて登板を重ね
徐々に手応えをつかんでいましたが、
フォーム変更の決意が揺らぐ
出来事がありました。

シーズン中の変更だったため、
当時のコーチに
腕が下がっていると指摘され
変更をやめて打たれてしまった中川投手。

自分としては
腕を下げたほうがしっくりきているのに、
コーチに指摘されてしまうと…。

そこで喝を入れたのが
田原投手でした。

「合わないものを続けて
クビになってもいいのか?」

この一言が
投球フォームを変更するという
決断の後押しになりました。

中川皓太の投球フォームは変える前後でどう違う?

投球フォームの変更前後で
中川投手の投球は変わりました。

変更前のオーバースローでは

  • 左腕の動きがよく見えるため、タイミングを合わせやすい
  • 左打者は怖さを感じず、踏み込まれて対応され対左打者の被打率は.342
  • ストレートを軸とした投球
  • スライダーの曲がりが大きく、見極められてしまいウイニングショットには使えなかった

腕を下げた今のフォームでは

  • リリースぎりぎりまで腕が体に隠れているため、左打者は背中からボールが来るように見えて怖さを感じ、被打率が改善
  • 腕がより一塁側から出てきて対角線に投げ込むため、右打者は懐に食い込んでくるように感じる
  • スライダーが打者の手元で小さく鋭く曲がるようになり、決め球として使えるようになった
  • 球速が上がり、140キロ後半がコンスタントに投げられるようになった
  • ストレートとスライダーの2つの軸ができた

このような変化が見られます。

フォームの変更は
メンタル面にも好影響をもたらしています。

今シーズンの活躍の要因を
中川投手は

「気持ちに余裕が生まれたことも大きな理由のひとつです」
スライダーへの信頼がそうさせるのか、ネガティブな考えが浮かばなくなったと言うのだ。

引用:Web Sportiva

と語っています。

前述の丸選手の言葉も、
フォームを変更した
中川投手が投じるスライダーに対しての
称賛だったのでしょう。

ちなみにこのスライダー、
エースの菅野智之投手
アドバイスをもらい
日々質を向上させています。

スライダーを武器にした
左のクローザーと言えば、
前人未到の1,000試合登板を達成した
岩瀬仁紀氏(元中日ドラゴンズ)。

サイドスロー気味の
左のリリーフエースと言えば、
9年連続60試合登板、鉄腕と呼ばれチームを支えた
山口鉄也氏(元読売ジャイアンツ)。

2人の名リリーフ左腕の
良さを併せ持った投手に、
中川投手はなっていくのではないでしょうか。

中川皓太は安定感のある球が安心!フォームを変えて今後の活躍に期待!!

いかがでしたか。

中川投手の
球種や球速、投球フォームを改造して
どうなっているのか
調べてみました。

  • 多彩な球種を投げ、プロ入り前からカーブが決め球だったが、丸選手にスライダーを称賛されて驚いた。
  • カテゴリーが進むごとに球速が上がり、150キロを記録することもある。
  • 軽い気持ちで腕を下げて投げてみたらしっくりいき、投球フォームを変更した。
  • フォーム変更後、腕の振りが変わったため左打者に対して優位に投げられるようになった。
  • フォーム変更でスライダーが武器になり、メンタル面にも好影響をもたらし今シーズンの活躍に繋がっている。

このような事が分かりました。

スライダーという
ウイニングショットと
140キロ後半のストレートで
打者を打ち取る中川投手。

昨年までのような脆さはなくなり、
安定感のある投球で
首位を走る巨人のリリーフ陣を
支えています。

技術的にも心理的にも
投球フォームの変更が
大きな好影響をもたらしていました。

5年ぶりのリーグ優勝を決める試合の
最終回のマウンドに立つ姿と
歴代の名リリーフ左腕に近づく活躍を
ファンは期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です