【あれ?】新紙幣で2000円札はどうなるの?増刷予定や柄は変わらないのか調査!

2019年4月8日。

新元号「令和」の発表を受けて、
お札も新しいものに変わる事が
発表されました。

1万円が渋沢栄一、
5000円が津田梅子、
1000円が北里柴三郎に刷新!

そして500円玉も刷新されるという事。

2024年を目処になので、
まだちょっと先ですが…

楽しみですよね〜

ここで1つ気になるのが
2000円札の存在…

あれ?完全に忘れられてる?!w

2000円札もぜひ変えてほしい!

という希望はあるのですが、
実のところどうなのでしょう。

調べてみました!

2000円札は刷新も増刷もなし!?

今回の刷新で2000円札は
刷新も増刷もされません。

2000円札って今でもほとんど見ませんよね…

沖縄に行った時に、
結構主流に使われていて
感激したのを覚えています!

首里城が書かれているからでしょうかね!

しかし増刷もないとは…

益々2000円札が減っていきますね。

なぜ2000円札は刷新も増刷もされないのか?

2000円札は、じつは2004年から
増刷されていません。

現在流通している2000円札の4割は
沖縄県で使用されていて、
沖縄では2000円札は増えているそうですが、
他の県ではほぼ使用されていないようです。

たしかに全く見ないですよね…

2000円札対応の機械が少なかったり、
2000円という単位が使いにくかったりして、
2000年に普及したものの全く流行らず、
結果大量の二千円紙幣が
日銀の金庫に保管されたままの状態になっている
と言われています。

  1. 2000円札はあまり流通していない
  2. 未だに大量の2000円札が保管されている

これらの理由で増刷も刷新もされなかったのでしょう。

なんか可哀想ですね…

そもそも2000円札はいつから出回った?

2000円札は第26回主要国首脳会議(沖縄サミット)と
西暦2000年(ミレニアム)をきっかけとして、
1999年(平成11年)に
当時の小渕恵三内閣総理大臣の発案で、
2000年(平成12年)7月19日に
森内閣の元で発行されました。

スポンサーリンク

2000円札を発行した理由は?

この理由には、とても深いものがありました。

2000円札は2000年の沖縄サミットを記念して
作られたと言われています。

この時の大切なキーワードが「中国共産党」

中国共産党はこの頃

「歴史的に見ると沖縄が日本に属するのはおかしい」

と主張していました。

この中国共産党に対し、
「沖縄は日本の一部だ!」

というメッセージを発信するために、
わざわざ沖縄でサミットを開き
2000円札を発行したという事です!!

このサミットに出席した首脳には
若い番号の2000円札が配られました。

これで各国に守礼門が描かれた日本銀行券が
永遠に残りますよね。

ちなみに、中国共産党も
沖縄サミットに招待されましたが、
参加すると「沖縄が日本の一部であること」を
認めることになってしまうため、
日本の招待を断っています。)

2000円札の発行の理由は、
沖縄は日本の一部だ」という
中国共産党への主張もあるのです!!!

こんな闇があったなんて、
全然知らなかったので驚きです!

これらを取り仕切って決めた
小渕恵三内閣総理大臣は
この2000円札が発行される前に
亡くなってしまいました。

小渕さんにも見せたかったですよね…

スポンサーリンク

ネットの声

まとめ

いかがでしたか。

新札発行に伴い、2000円札はどうなのか、
また歴史についても調べてみました。

2000円札ってとても意味の深い理由で
作られたんだなぁと、
これまで全く知らなかったので驚きました。

2000円札はこれから
どんどん減っていくと思うと
なんだか寂しい気持ちにもなりますが、
思いが込められて作られた2000円札だと思うと、
大切にしていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です