【宮崎地震】全国で地震雲が発生していたけどこれって迷信なの?

2019年5月10日8時48分。

宮崎県を中心として九州で最大震度5という
地震が発生しました。

怖いですよね…

この地震が起こる前、
全国各地で地震雲が目撃されていました。

「地震雲は迷信だ」

という意見もありますが、実際はどうなのでしょうか。

調べてみました。

九州の地震が発生する前に地震雲の目撃情報多数!

九州の地震が発生する2〜3日前から、
全国各地で地震雲の目撃情報がありました。

このような投稿が早い投稿だと2日ほど前くらいから出回っており、
特に今朝の投稿は地震の直前に見られたということで
「地震雲ではないか」と話題になっています。

地震雲って何?

そもそも地震雲とは何なのでしょうか。

    地震雲(じしんぐも、じしんうん)とは地震の前後に特殊な形状の雲が観測される、と言われているものである。ただそのような雲と地震の発生の関連は、地球科学や気象学、そして一般的な科学としてほとんど認められていない。

    典型的な仮説としては、震源周辺から発生する電磁波が雲の生成に影響を与えるというものがある

    電磁波の放射によって、地上にも磁場変化や電磁波放射が及ぶ。高エネルギーの電磁波は気体分子をイオン化させるため、大気中に増加したイオンが水蒸気の凝結核となって雲の成長を促進し、地震雲が作られるとされている。

    また、磁場の変化の場合、強い磁場の中に反磁性体の雲粒や凝結核があるとそれが浮上することが知られており、このようなメカニズムで地震雲が作られるとされている。

    一般的に地震雲とされる雲の特徴は以下のとおりである。

  • 比較的低い位置(低い高度)に発生することが多い。
  • 風に流されない(流されにくい)。
  • 長時間形を変えず消えない。
  • 大地震だけに限らず、小規模な地震の前にも地震雲が発生する。
  • 雨天や曇天など、空が広く雲に覆われている時には、地震雲とそうでない雲の判別が難しい。
  • 参照:ウィキペディア

確かに投稿の写真はどれも特徴的で、
不思議な形のものが多いですよね。

仮設だと電磁波によってこのような雲がつくられるということでしたが、
真実として認められているわけではないようですね。

地震雲は迷信なの?本当なの?

気象庁ではこのように公表されています。

    雲は大気の現象であり、地震は大地の現象で、両者は全く別の現象です。大気は地形の影響を受けますが、地震の影響を受ける科学的なメカニズムは説明できていません。

    「地震雲」が無いと言いきるのは難しいですが、仮に「地震雲」があるとしても、「地震雲」とはどのような雲で、地震とどのような関係で現れるのか、科学的な説明がなされていない状態です。

    日本における震度1以上を観測した地震(以下、有感地震)数は、概ね年間2,000回程度あり、平均すれば日本で一日あたり5回程度の有感地震が発生していることとなります。

    震度4以上を観測した地震についても、最近10年間の平均(2011年と2016年を除く※)では、年間50回程度発生しています。このように地震はいつもどこかで発生している現象です。

    雲は上空の気流や太陽光などにより珍しい形や色に見える場合がありますし、夜間は正確な形状を確認することができません。形の変わった雲と地震の発生は、一定頻度で発生する全く関連のない二つの現象が、見かけ上そのように結びつけられることがあるという程度のことであり、現時点では科学的な扱いは出来ていません。

地震と雲との関係は、科学的な因果関係やメカニズムは存在していないとして、
地震雲はないとする考えが強そうですね。

しかし証明されていないだけで、
地震雲が完全に否定されているわけではありません。

実際に2018年6月18日に大阪府で震度6弱を記録する地震が起きたときも、
地震雲が発生していたという話題が出たりしています。

迷信の可能性もありますが、
このような不思議な雲が地震の前に見られるというのも、
なんだか奇妙な話ですよね。

これから研究が進んで地震雲の正体や真実が
明かされていくかもしれませんね!

まとめ

いかがでしたか。

宮崎で5月10日に発生した地震で、
地震発生前に地震雲が見られたという現象について
まとめました。

地震雲自体は科学的に証明されておらず、
根拠や定義のないものとされています。

ということで、今回地震雲とされたものも
違うかもしれません。

しかしこのタイミングで奇妙な雲が見られるのも
不思議なものですよね。

世界にはまだまだ解明されていない謎がたくさんあるので、
この地震雲の正体や事実もこれから研究が進めば
解き明かされていくかもしれません!

地震があった地域の方はこわかったでしょう。

余震や二次災害に気をつけてお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です