【出来レース】宮川選手等に反省文を要求した日本体操協会での塚原夫婦の権力がヤバい!非難した人は全て排除されるという噂も

2019年3月9日。

日本体操協会が理事会を開き、
リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(19)に、
塚原夫妻に対し反省文の提出を求める旨が報道されました。

宮川選手は昨年「パワーハラスメントを受けた」と、
塚原光男副会長(71)と塚原千恵子・女子強化本部長(71)を告発。

その時の一部の言動が千恵子強化本部長の名誉を傷つけたなどとして、
宮川選手に反省文の提出を求めることを決めたそうです。

この報道を聞いた時「は?」と思いました。

パワハラを受けた宮川選手が
なぜ塚原夫妻に謝らなければならないのか。

もしかして、塚原夫妻が裏で何かやってるんじゃ…
と疑ってしまうような塚原夫妻に優位すぎる処罰。

そもそも日本体操協会がこの結論に至った経緯に
第三者委員会の「パワハラはなかった」という
おかしな結果も影響しているとおもいます。

塚原夫婦と第三者委員会や日本体操協会の関係について、
気になったので調査してみました。

第三者委員会のメンバーが塚原サイドの面々だった

宮川選手の訴えにより第三者委員会が設置され、
パワハラ問題について調査が入ったのが
2018年の9月。

その後12月に、

「パワハラの事実はなかった」

と調査結果を報告しています。

この第三者委員会のメンバーが
なんと塚原夫妻とつながりがある人達だった
と言われています。

ここで抑えておきたいのが、

塚原夫妻は朝日生命が協賛する朝日生命体操クラブを運営している点。

第三者委員会は5人のメンバーで組まれています。

まず第三者委員会の岩井重一委員長が、
朝日生命が株主である株式会社ブロードリンクの顧問弁護士。

そして委員の松田純一氏も、朝日生命ビルに入っている
弁護士事務所の弁護士。

朝日生命は塚原夫妻が経営する
朝日生命体操クラブの運営母体であるため、
関係性が深いといわれているそうです。

もう一つ。

第三者委員会が聴衆した関係者25人が
全て塚原派と呼ばれる人たち。

宮川選手サイドが「この人に聞いてください」と言った関係者には
全く聴衆をしていないそうです!

そもそも徴収されたのは13人だけ
という話もあるとか。

こんなの全く第三者ではないですよね!

始まる前から結果が見えているようなものです。

塚原夫妻

スポンサーリンク

塚原夫妻は日本体操協会を脅していた!?

パワハラ騒動の一連の流れを見ていても、
塚原夫妻が日本体操協会や体操という競技世界の中で
強力な力を持っていることは間違いありませんよね。

なんとその立場を利用してか、

「パワハラ認定したら協会を訴える!!」

とトヨタ国際体操の開催中に(12月8~9日)
脅しをかけたという噂もあります。

これこそパワハラ!!

協会としても、叩けば自分たちから
ホコリが出てくることを恐れて、
塚原夫妻につくことを選択したということです。

体操協会

体操協会は塚原夫妻の言いなり!?

2019年12月10日の臨時総会では、
なんと塚原夫妻に対して反旗を翻した関係者たちに対し、

体操界の品位を著しく落とすという理由で
数名の指導者資格を剥奪する

との議題まで上がったそうです!

体操界から自分たちの邪魔をする者を、
排除しようとしたのでしょうね。

こんなことをされたら、
怖くてもう何も言えなくなってしまいますよね。。

塚原夫妻の腹心が幅を効かせている体操界

すでに審判部では、塚原夫妻の腹心たちが前にでてきているといいます。

朝日生命寄りの審判員がいて、
朝日生命の選手に高得点がついたり、
点数が低いと講義してくることもあるそうです。

そして本部長も、塚本夫妻の息のかかった人が
送り込まれてくるという噂もあるそうです。

現状でも恐ろしいほどの権力を、
今後ますます強くしていく気なのでしょうか。

引退しても影で体操界を操っていきそうですね…

というか確実に操る気でいますよね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

宮川選手が日本体操協会から
反省文を求められたという報道について、
第三者委員や体操協会と塚原夫妻の関係について
調べてみました。

これが全て事実だとしたら、
日本体操教会内部は腐っていると思います。

こんなくだらない権力で、
すばらしい選手やコーチの目を摘んでしまう
かもしれません。

もっと内部をクリーンに出来るよう、
非難の声をメディア等で取り扱い、
問題を公にしていく必要があると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です