【略奪婚】松田美由紀と前夫・松田優作は不倫からの泥沼関係だった!馴れ初めから結婚までの成り行きは?

松田優作さんの元妻で、
現在は女優だけでなく写真家としても
活躍している松田美由紀さん。

息子である、龍平さんや翔太さんも
俳優として大活躍していますね!

そんな松田美由紀さんですが、
なんと松田優作さんとは不倫の末の
略奪婚だったんです…!

今回は美由紀さんと優作さんの
不倫や略奪婚などの、
馴れ初めからの関係を
まとめてみました!!

松田美由紀と松田優作の出会いは?

松田美由紀さんは、モデルとして
16才でデビュー。

当時は仕事が嫌いで、
「楽しくないのに、何で笑わなきゃいけないの?」
なんて思っていたそうですw

その後姉 熊谷真実の後の夫になる
つかこうへいさんに見初められ女優の道へ。

そこで1979年に出演したドラマ
「探偵物語」での共演がキッカケで、
松田優作さんと出会います。

美由紀さんは中学生の時にも
松田優作さんを見かけていましたが、
しっかりとした出会いは
このドラマの共演だという事です。

美由紀さんは、優作さんとの
初めての出会いをこう語っています。

『初めて会った時は、めちゃめちゃかっこよかった。現場でいきなり「落ち着け」と言って、ハグをしてくれた。優しい包容力にドキっとして、絶対結婚すると思った。』

そして、優作さんのほうも
当時美由紀さんの事をこう語っています。

『今まで見たことが無いエキセントリックな女だ。
この女から離れられない。

カントとか哲学書を読んでいるんだ。
十八歳で哲学を語るんだぜ、すごいよなぁ。』

美由紀さんは子供のころから
本が好きでよく読んでいて、
中学生の頃には
自己啓発系や哲学書にハマっていたんだとか。

そんな思春期女子、
なかなかいないですよね!

18歳でそんな魅力を纏った美由紀さんに、
優作さんも惹かれたのでしょうね。

ちなみに当時の2人は、
優作さん30歳、美由紀さん18歳。

なんと年の差は12歳で
一回りも違ったんですね!

スポンサーリンク

松田優作は結婚していた!

美由紀さんと惹かれあっていた優作さん。

しかし優作さんには妻(作家の松田美智子)と
2人の娘さん(長女:松田紗綾 次女:不明)
がいたんです!!

れっきとした不倫ですね…

優作さんは1971年5月に
金子信雄さんの劇団
「新演劇人クラブ・マールイ」に入団。

そこに1ヶ月早く入団していた
前妻の松田美智子さんと出会います。

出会った翌月には、同棲を始めるほど
惹かれあっていた2人。

何でも知り合った頃に
韓国籍だったことを隠していた
優作さんでしたが、
それを本人以外から知ることになった
美智子さんは本人には言わず、
それでも優作さんのそばにいてくれた事で、
それを知った優作さんが
とても感動したんだそうです。

1975年9月21日結婚し、
1976年12月25日長女誕生しています。

そしてなんと、
優作さんが松田美由紀さんをとても気に入って、
美津子さんと暮らしていた家にも連れてきて、
3人で会っていたこともあるそうです…w

松田美由紀の略奪が強烈!どうやって別れさせた?

美由紀さんと不倫関係にあったものの、
優作さんはすでに美智子さんという妻と
子供がいたことで、
美由紀さんには

「妻と別れる気は無い」

と言ったそうです。

しかし、もちろん納得いかない美由紀さん。

優作さんの自宅に押しかけ
衝撃の一言を放ちます!

「結婚できなきゃ死んでやる」

そして美智子さん・子供の目の前で、
手首を切って自殺を測ったんだとか…

まさに修羅場ですね…

これがきっかけとなり、
優作さんと美智子さんは
離婚する事になりました…

今だから聞いていられる話ですが、
不倫相手の女性に実際にこんな事されたら
怒りどころじゃない気もします。。

スポンサーリンク

松田優作は病んで自殺未遂も!?

優作さんは不倫をして、
美智子さんと子供を悲しませたことを悔い、
自殺を決意します。

バイクに乗り、新潟県へ向かったそうです。

しかし途中で優作さんの母親の声が聞こえ
我に帰り、

自分が死んだら親兄弟が悲しむ上に、紗綾(娘)を自分と同じように父親のいない子にしてしまう。死ぬ気になったら何でも出来るはずだ。

と、自殺を思いとどまったといいます。

略奪から結婚までのいきさつは?

1981年12月24日に
龍平さんと美智子さんは離婚。

離婚後も美智子さんは
松田姓を名乗っていますが、
娘の苗字を変えない様に
優作さんが要求した事が理由で、
結果美智子さんもそのまま
松田となっているとのことです。

離婚龍平さんは家を出て、
美由紀さんと同棲を始めます。

しかしすぐに入籍をする事なく、
そのまま1983年5月9日に
長男の龍平さんを出産します。

二人が再婚したのは翌年の1983年のこと。

この再婚の時、龍平さんは34歳、
美由紀さんは22歳でした。

スポンサーリンク

結婚後の松田家は?

結婚後は円満家庭で、
次男の翔太さんが1985年に、

長女の1988年にゆきさんが

誕生しています。

ちなみに末っ子の娘が生まれた
1988年というのは、
松田優作さんが亡くなられる前年。

この頃にはすでに
松田優作さんはガンに冒されていた
のかもしれません。

1989年に映画「ブラックレイン」で
ハリウッドデビューした優作さん。

この映画の撮影中に自身が
癌である事に気付きます。

しかし延命治療を拒み、同じく出演していた
故俳優の安岡力也さんだけにしか
病気である事を知らせず、
撮影を続けたんだそうです。

撮影が終わり、映画がアメリカで
すでに公開された後、
1989年9月28日に入院。

同年11月6日午後6時45分に
入院先の病院で最期は膀胱癌が腰に転移し、
亡くなりました。

40歳という若さでした。

優作さんが亡くなってからは、
美由紀さんが女手一つで
子供達3人を育てました。

今の松田一家の活躍があるのも、
優作さんの死を乗り越えて
女手一つで子供達を育てあげた
美由紀さんの努力や、
子供達の強い意志があったのでしょうね。

松田美由紀の松田優作への愛がすごかった!

いかがでしたか。

松田美由紀さんと松田優作さんの
馴れ初めや略奪婚、
再婚後の生活についてまとめました。

なんとも波乱万丈なお二人。

松田美由紀さんと子供達もそうですが、
前妻の美智子さんや娘さん達にも
幸せになってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です