【疑問】中学校の校則「黙動・黙食・黙想」は必要?Twitterで物議に

スポンサーリンク
2019年2月21日。

Twitter上である投稿が
話題となりました。

これは、青森にある
とある中学校の校則です。

この投稿が発端となり、
物議を呼んでいます。

賛同する人否定する人、
それぞれの意見をまとめました。

発端となったつぶやきの内容は?

問題のツイートにはこう書かれています。

    これは、教育?

    息子が通う中学校が子ども達に
    強いている指導です。

    これを守らない子どもの名前をホワイトボードに書いて謝罪させる。
    と子ども達に提案させる。

    これ、教育でしょうか。

    卒業を前に先生達と話し合いたいと思っています。

    みなさんの、意見聞かせて下さい。

このツイートが投稿されたのが、
2月20日。

その後現在は2500を超えるコメントと、
2万を超える”いいね”が押されています。

この校則に賛成派の意見

    自分が小学校の時、ヤバいくらいクラスがうるさくて見かねて先生が画像のような決まりを貼り紙にしてたのを覚えています。新年度始めだったからか分かりませんが胸糞悪いくらいクラスがうるさくて、個人的にはそうしてくれて助かったと思ってました。

    ただし何も無くてこれならばやりすぎですよね。

    自分が中学生の時も同じようなルールみたいなのはあった。が、別に苦痛に思ったこともないし、黙動、黙想は全く問題がないと思う。
    黙食についてはもし、給食の時間全てが黙って…なら変えるべきかなと思いますね。
    これには少しは賛成です!
    やはりうるさくて何も進まないのはいけないし集団の中にいる以上周りの空気を少しぐらい読めなくてはいけないし少しは自分がうるさくしてしまったと、自覚できる空気作りみたいなのは必要だと思う
    ですが皆さんの言う通り読み方によればやり過ぎかも知れません

    ですが、黙ったりするのは大人になっても必要になってくるはず
    だからこれを全否定するのはおかしい

    学校の教師は経験ないですが、塾の教師経験あります。子供たちの指導は大変です。現場の苦労はすごいですよ。これで文句を言うのは、モンスターペアレントだと思います。
スポンサーリンク

この校則に反対派の意見

    応援します。黙動も、黙食も、そんな言葉、日本語にはありません。今までの流れを守っているだけです。所与性のロボットです。黙って協力して、黙って食べるなんて。大人がやってみなさいってなもんです。大人は、できません!
    給食の目標について、学校給食法
    第2条の3に「学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養うこと。」とあります。

    かつて流行した黙食は、この「社交性」という部分に明らかに抵触するため、現在行っている学校はほとんどありません。

    管理職または教育委員会に、はっきり抗議すべきです。

    社会に出ると会話して正しくコミュネケーションをする事が求められると思うので、こんなもんすぐにやめさせた方が良いです。
    ブラック企業の経営者の思考ですね。
    ロボットみたいな手間の掛からん労働力が欲しいんでしょう。
    学校内が「無駄話」をする生徒ばかりでうるさくて、統率が取れない状況ならば分かるけれど、

    【これを守らない子どもの名前をホワイトボードに書いて謝罪させる】

    という部分は明らかに「行き過ぎ」ですね。

    コミュ障いっぱいできそう。
    学校ルールというレールに従えても社会で通用する子に育たない気がします。
    そもそも中学って学校のタイムスケジュールいっぱいで友達と話す時間なんてないのに給食の時間ってほっこり楽しい会話して安らげる時だよね。
    ADHDの私にはそんな無言の空気苦手だし話せない苦痛

他にもあった!気になる校則

全国には、変な校則がある学校が
存在するようです。

真偽の方は分かりませんが、
紹介します。

  • 天然パーマはそれを証明できる写真を届ける。
  • 一度登録した髪型は、卒業時まで変えてはならない
    夏休みに髪を切らない。切るときは先生の許可を得る。
  • 学校のトレーニングウェアは許可がない限り、L以上のサイズは着てはいけない。
  • 父親以外の異性とは一緒に歩いてはいけない。兄弟も禁止
  • これは見てる分には良いですが、
    実際自分の学校にあったら
    絶対に嫌ですね!

    スポンサーリンク

    まとめ

    いかがでしたか。

    Twitterで話題になっている、
    とある中学校の校則について
    賛否両論をまとめました。

    その学校の様子を見ないと
    「絶対におかしい!」と言い切るのは
    難しいと思います。

    しかし、給食中等コミュニケーションを
    楽しむ場でも黙食としていたり、
    破ったらホワイトボードに書く等、
    やりすぎかなという部分もあるように感じました。

    子供が荒れて学級崩壊する
    といった問題が出ていたり、
    教育現場も大変な時代です。

    学校側を責めるだけではなく、
    背景にあるものを考えつつ、
    子供の教育にとってより良いものを
    保護者と一緒に考えていく
    必要があるのかなと思いました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です