【池袋事故】プリウスが暴走!ごみ収集車を倒すって何キロでてたの?

2019年4月19日。

昼過ぎの東池袋駅付近で
衝撃的な事件が起こってしまいました…

87歳の老人が運転するプリウスが、
歩道を渡る人を次々とひき、
最終的にごみ収集車に突撃なぎ直し停車。

2人が重体、10人が怪我をしたと言われています…

すごいスピードで走り去り、
ごみ収集車を倒すほどのスピードって
一体どれくらいだったのでしょうか…

怖すぎます…

プリウスのスピードや
事件の詳細についてまとめました。

プリウスのスピードは?

プリウスはEVモードで最高110キロでます。

そして日本の車には最高速度リミッターが登載されており、
このリミッターの働きでどんなにパワーのある車でも
180㎞/h以上に上がらない仕組みになっています。

このプリウスはごみ収集車を倒すほどの速度で
現場を走っていったという事で、
おそらく100キロ近く
出ていたのではないでしょうか。

このような情報も

ごみ収集車をなぎ倒すだけでなく、
被害に遭われた女性と女児が乗っていた
自転車は真っ二つに折れてしまっています…

事故の重大さを物語っていますね…

ちなみにプリウスはシフトレバーの位置も
間違えやすいというような意見もあるようですね…

https://twitter.com/rupabiker/status/1119152119863341056?s=21

事故の詳細は?

    19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区南池袋2の路上で、乗用車とごみ収集車が衝突する事故があった。警視庁などによると、10人がけがをし、女性と子供が意識不明という。ごみ収集車が横転し、歩行者が巻き込まれたとの情報もある。

地図がこちら。

事故の原因はプリウスが信号無視をし、
右折してきたゴミ収集車に突っ込んだようです。

しかしこの信号無視する前に、
すでに横断歩道で人を引いていたという
情報もあります。

目撃者の話がこちら…

    「横断歩道を渡ろうとしていた自転車が、赤信号で突っ込んできた乗用車にはねられました。乗用車はそのまま走っていき、次の交差点から出てきたごみ収集車に衝突し、ドリフトするように反転してそこで何人かが巻き込まれました。車のスピードが全く落ちなかったので明らかにおかしく、本当に怖かったです」

参照:NHKNEWSWEB

スポンサーリンク

被害者の状況は?

    倒れていたのは7~8人ほどだった。中には全身毛布を掛けられた状態の

    人も。自力で歩ける状態の人も2人ほどいた。道路には横転したごみ収集

    車と、激しく損傷した乗用車のほか、車輪やサドルがバラバラになった自転

    車や靴が散乱していた。「みんな黙り込んでしまい、辺りは静まりかえっていた」

    出典:朝日新聞DIJITAL

この自転車は衝撃的ですよね…

スポンサーリンク

加害者の情報

プリウスを運転していたのは、
東京都板橋区在住無職の87歳の男性です。

奥さんと2人暮らしで、
杖をついて歩くことが多かったそう。

普段からよく運転していたが、
駐車時はたくさん切り返したりして
ヒヤヒヤする場面もあったそうです。

この事故で男性も負傷しているのだとか。

調べに対し「アクセルが戻らなくなった」
と説明しているということ。

〈追記〉

男性の名前は飯塚氏。

旧通産省の元工業技術院長で、
農機大手クボタの副社長も務めていたという
なかなか立場のある方のようです。

周囲には「運転やめる」と
話していたようですね…

もっと早くやめてくれていれば…

まとめ

池袋でおきた、車の衝突事故についてまとめました。

衝撃すぎる事故。

多数のけが人や重体の方もいて
とても心配ですね…

どうか、無事でいられるよう
願っています…

追記:車にひかれた30代の女性と
3歳くらいの女児は亡くなったそうです…

悲しいですね…
ご冥福をお祈りします。

1 Comment

トンポチ

言い方悪いけど、ゴミ収集車で止まって良かった。もし、乗用車だと100Km/hで側面ややられると運転者は生存が危うい。またそのまま止まらまかったら180km/hまで加速して更に重大事故になっていたと思う。ブレーキに頼らず、バイクには必ず付いているキルスイッチの搭載を車にも検討してはどうだろうか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です