【逮捕】星野ロミ(漫画村運営者)が受ける刑罰とは?損害賠償金がえらいことに!?

2019年7月9日。

漫画村を運営していた星野ロミ容疑者(28)が
フィリピンで逮捕されました。

違法とされる、漫画を無料で
アップする行為を繰り返していた漫画村。

それでも法律がない海外からのアップだから
という理由で、違法ではないと言い張り
完全に舐めた態度を取っていましたが、
ついに逮捕されました。

漫画村での被害額は
総額3200億円と言われていますが、
星野容疑者はこのお金を
今後支払わなければならないのでしょうか。

今後の展開をまとめてみました。

星野ロミが受ける刑罰は?

漫画を無料でネットにアップしていた漫画村は、
著作権の侵害で罪に問われています。

著作権の侵害の場合、受ける刑罰は

10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金

です。

漫画村でのこれまでの被害を考えると、
かなり重い刑罰が課せられる事が
考えられますよね。

海外に逃げていたり、
反省している姿もこれまでの態度からは
あまり感じられませんし、
10年近い懲役刑が課されるのでは
ないでしょうか。

スポンサーリンク

星野ロミは損害賠償も請求される?

逮捕によって星野容疑者には、
上の様な刑が下される事が考えられます。

一方で、損害賠償も請求される
可能性は大いにあると考えられます。

今回の星野容疑者による
被害総額は3200億円という
とんでもない額!!

すでに2018年の時点で、
講談社などは告訴の準備は
できていたようです。

これまでは星野容疑者の
身柄が確保できなかった事で、
裁判を起こせませんでしたが、
今回とうとう身柄を確保できた事で、
民事裁判により損害賠償金の請求を
できる事になります。

という事は、星野容疑者は
刑事裁判と民事裁判と両方で罪に問われ、
これから多大な金額を請求される
可能性が高いと思われます。

被害総額を考えても、
軽く億超えの損害賠償金を
請求されそうですね…

星野ロミの現状は?

星野容疑者は、フィリピン・マニラの
ニノイアキノ国際空港で拘束されたと
報じられています。

そして現在は、フィリピンの
タギッグ市の移民局拘禁施設に
身柄が移されているようです。

今後日本に強制送還される予定ですが、
星野容疑者は日本とドイツとイスラエルの
3重国籍という事です。

本来強制送還される場合、
その人の国籍がある国に送還されるようなので、
今回の場合しっかり日本に送還されるのか
心配ですよね。

強制送還に関して、
このように書かれています。

被退去強制者を送還する先は,
その者の国籍又は市民権の
属する国が原則ですが,
国籍国等に送還することができないときは,
本人の希望により,

  1. 我が国に入国する直前に居住していた国
  2. 我が国に入国する前に居住していたことのある国
  3. 我が国に向けて船舶等に乗った港の属する国
  4. 出生地の属する国
  5. 出生時にその出生地の属していた国
  6. その他の国

のいずれかに送還されることとなります。

しかし,本人が①から⑥までの
いずれかの国への送還を希望しても,
相手国が受入れを認めなければ,
送還することはできません。

引用:http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/taikyo/reisyo.html

という事ですので、
相手国が受け入れなければ良さそうですね。

今回の拘束も、
日本大使館からの要請を受けて
との事なので、しっかり日本に送還
されそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

漫画村運営者の星野ロミ容疑者が
身柄を拘束された事で、
刑事罰や損害賠償について
これからさまざまな罪に問われそうです。

今後の展開に注目していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です