【酷すぎ】飼い犬にキック!暴力を振るう飼い主女性の動画が炎上!虐待で逮捕できる?

2019年2月8日、
酷すぎる動画がアップされました。

飼い犬に何回もキックをする女性。

そして痛そうに足を引きずって
女性について行く犬。

可哀想すぎて見ていられません…

今回は問題の動画の検証と、
この飼い主を罰する事ができるのか、
まとめていきたいと思います。

問題の動画を検証

こちらがその問題の動画です。

あの女性が犬を蹴った原因は、
家でトイレに失敗した事のようですね。

2回思い切り蹴っています。

この動画を撮る直前は
もっと酷かったとの事…

犬も歩き方が弱々しく、
足を引きずっているのが分かります。

それでも飼い主に尻尾を振って
ついて行く姿がとても健気で
可哀想ですよね…

日常的に虐待されていた可能性あり?

この動画を見る限り、
飼い主の女性は何度も
力強く犬を蹴っています。

これが初めての事なら、
普通少し躊躇したり、蹴った後に
犬の様子を心配するような仕草をとる等、
みられるはずです。

しかしそれがみられず、
当たり前のように暴力を加えている様子から、
飼い主は日常的に虐待を
行なっていたのだと分かります。

近所でも有名?迷惑おばさんだった

この女性は飼い犬への暴力だけでなく、
近所の人達の間ではちょっと名の知れた
おばさんだったようです。

具体例を挙げると、

  • 小学生の下校中に家から物をなげつける
  • 小学生に怒鳴り散らす
  • 家の中からはお皿が割れる音が
    したことがある

たまにこういう人いますよね…

こちらは女性が大声で、
住宅地の住民に訳の分からない事を
話している動画です。

「おかしいなぁ、
ここの住民は家の中に閉じこもって。

親にどつかれとるんか?

親に監禁されてるんか?

おかしいなぁ」

だそうですが、一言言いたい!

あなたのせいです!!!

犬は足を引きずりながらも、
必死で飼い主について行っています。

大人でも怖いのに、
立場の弱い子供や動物に
八つ当たりのような事をして、
飼い犬や子供の恐怖を考えると
切実になんとかしてほしいですよね!

スポンサーリンク

犬を助けるためにはどうすれば良い?

近所で虐待を見つけた場合、
その家ないし人の住んでいる管轄内の保健所、
もしくは警察署に通報します。

保健所は地域によって、

「保健福祉事務所」「福祉保健所」「保健福祉センター」「健康福祉センター」「動物愛護センター」

などの名称となっている場所もあります。

通報を受け次第、
保健所の職員又は警察署の署員が現場に行き、
飼育状況を確認します。

警察署や保健所が現場確認に行くことは
義務になっています。

なので放置されることはありません。

またその動物の飼い主に、
誰から通報があったかを伝えることは
絶対にありません。

逆恨みでこちらにまで
被害が及ぶのは怖いですよね。

これなら安心して通報できそうです!

動物保護団体や愛護協会も協力してくれる

地域には、それぞれで
動物保護団体というものが存在しています。

もしくは、
「公益財団法人 日本動物愛護協会」
というものが存在しています。

警察に連絡は緊張する…

という方は、こういった団体に
相談する方法もあります。

この女性が罪に問われる可能性は?

この女性が罪に問われる可能性は、
非常に高い
のではないかと思われます。

なぜなら、
【動物の愛護及び管理に関する法律】
という法律があり、第44条に
虐待の定義及び罰則が定められています。

そこにはこう記されています。

    愛護動物をみだりに殺し、
    又は傷つけた者は、
    二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。

動画の女性は、確実に犬を傷つけています。

なので、この法律に当てはまり、
裁かれる可能性が十分にあると言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

飼い犬に暴力を振るう飼い主の動画と、
処罰についてまとめました。

本当に嫌な気分になる動画ですよね。

この犬は未だに暴力を振るわれているかも
しれません。

一刻も早く、警察や保健所に動いてもらい、
救い出してあげてほしいですね!

犬のその後

動物保護団体や警察は既にこの動画を把握。

2月9日、おばさんから虐待を受けていた犬を無事保護したようです!

よかったー!

紫友会がラブラドールを保護、
名前はゼロから始めるという意味を込めて、
零(レイ)ちゃんと名付けられました!

この動画を見た動物保護団体の紫友会が、おばさんから虐待を受けていた犬を無事保護したということです。

無事保護されてよかったですね!

こういう時に、メディアの力のすごさを感じます!!

これからは沢山の愛情を注いでもらって、
生活していってほしいですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です