【炎上】ダンプカーが燃えたミニストップが特定で非難殺到!消火器を貸さないのは犯罪?

2019年4月16日。

Twitter上で非難殺到した
ダンプカーが燃えているのに
ミニストップ店員が消化 火器を貸してくれず、
結局全焼!

そしてなぜかミニストップから
修理費を請求される事件…

私はミニストップの店員が消火器を
貸さないという行為がおかしいと思いました。

ひどすぎる!!!

このミニストップの店員が
消火器を貸さない行為は犯罪ではないのか、
非があるのはミニストップ側ではないのか
調べてみました!

燃えてるのを知ってて
消火器を貸さない行為ってどうなの?

結論から言うと、消火器を貸さない行為は
違法です!!

消防法という法律に
このように定義されています!

    消防法

    第二十五条 火災が発生したときは、当該消防対象物の関係者その他総務省令で定める者は、消防隊が火災の現場に到着するまで消火若しくは延焼の防止又は人命の救助を行わなければならない。

    ○2 前項の場合においては、火災の現場附近に在る者は、前項に掲げる者の行う消火若しくは延焼の防止又は人命の救助に協力しなければならない。

この消防法2の
火災の現場附近に在る者は、前項に掲げる者の行う消火若しくは延焼の防止又は人命の救助に協力しなければならない。
と言うところがモロ当てはまっていますよね!?

今回店員は

  • 『2回消火器を貸すのを断った』
  • 『「燃えてる燃えてる」と話していた』
  • とされており、ダンプトラックが
    燃えているのを知っていたのは明確です。

    という事で消防法では
    違法行為になりうるでしょう。

    この違法行為は、
    懲役2年以下・罰金100万円以下の
    罰則が課せられます。

    まぁけれども常識的に考えて、
    消化器を貸さないなんておかしいですよね…

    非があるのは運転手?ミニストップ?

    ネット上では消火器を貸さなかったミニストップ側に
    非があるという声が多いですね。

    ただこれは、炎上したダンプの運転手の友人が
    Twitterに拡散させていて、
    運転手本人やミニストップの店員の話は
    聞いていないので、
    一方的に相手を非難はできないかなと思います。

    このような意見もあり、
    まずは運転手本人やミニストップの従業員の
    詳しい意見を聞きたいですね。

    事件の概要

    2019年4月15日に
    はさんがツイートしました。

    https://twitter.com/13crown_9999/status/1117759484229668864?s=21

      先日私のダンプが燃えました。

      ミニストップの駐車場に入り左側の1番後ろのブレーキから拳程度の火が出ていてミニストップに走り消火器を借りようとしましたが、

      店員に断られ2度火が出ているから貸して欲しいと頼みましたが貸してもらえず全焼してしまいました。

      ダンプが燃えてる間、ミニストップの店員2人は、燃えてる燃えてると言って、私は本当に頭が来ました。

      そして今ミニストップの本社から連絡が入り、駐車場の修理費が100万円越えの請求が来ました。

      そして、うち(ミニストップ)には非がないと言われました。

      これはミニストップには非がないのでしょうか?

    (引用元:https://twitter.com/13crown_9999/status/1117759484229668864)

    このツイートは運転手の知人が行ったもので、
    直接運転手の意見は
    Twitter内のやりとりでは述べられていませんでした。

    事件が起こったミニストップの場所

    消火器を貸さなかったミニストップの店舗名が、
    ミニストップ八日市場山崎店と特定されています。

    住所:千葉県匝瑳市山崎59

    <iframe src=”https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3238.638593785354!2d140.50065571581155!3d35.73510583462175!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x6022ef9270b0a9f5%3A0x33c3675b070685f3!2z44CSMjg5LTIxMDAg5Y2D6JGJ55yM5Yyd55Gz5biC5bGx5bSO77yV77yZ77yZ!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1555405987672!5m2!1sja!2sjp” width=”600″ height=”450″ frameborder=”0″ style=”border:0″ allowfullscreen></iframe>

    周りは田んぼや畑が多く
    大きな建物はあまり見当たりません。

    割と閑散とした地域のようですね。

    ダンプカーの運転手は火災に気づき、
    他に助けを求める場所があまりなく
    そんな中でミニストップに
    助けを求めたのかもしれません。

    まとめ

    いかがでしたか。

    ダンプカーが燃えているのを知っていて、
    ミニストップの店員が消火器を貸さなかった
    という問題について、
    法的な罰則はあるのか調べてみました。

    消防法に定められていたものを見ると、
    やはりこの店員の行動は違法なものだと
    思います。

    店員も燃えているのを知りながら、
    消化器を貸さないのは人として
    どうなのかと思ってしまいますが…

    まだTwitterへの投稿のみの情報しかないので、
    これから双方の話を詳しく調査し
    展開がすすんでいくと思われますね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です