【動画】岡山にて車で歩道を走り犬を引きずって散歩をする老人の動画が炎上!注意されて逆ギレ?犬は虐待で高齢者から保護できるか

2019年2月17日。

岡山県で老人が車を運転しながら
犬の散歩をする動画がネットにアップされ、
話題となりました。

車から伸びたリードに引っ張られ、
しかも車の排気ガスをもろに浴びて
苦しそうな犬。

しかも車は歩道を走っていました。

色々と問題のある動画…

一体なぜ車で散歩をしていたのか、
これは虐待になるのか、
まとめました。

問題の動画

老人が車で犬の散歩をする
問題の動画がこちらです。

岡山の田舎道だそうです。

シルバーの軽自動車の運転席から
リードが伸びて、車の後ろの犬を
引っ張っています。

犬はとても苦しそうに
引きずられながらついて行っていますね…

ちょうど排気ガスが出る後ろで、
ガスを浴びているのも気になります。

人間でもくさいのに、
嗅覚が敏感な犬にとっては地獄ですよね。

かわいそすぎる…

車を運転しているのは老人男性。

70〜80代くらいでしょうか。

割とお年を召している風貌ですね。

そしてもう一つ問題なのが
歩道を車で走っている事。

車は車道を走らなければならないのに、
歩道を走っています。

いくら田舎道で歩道も広い場所だからといって、
これは道路交通法違反ですよね。

注意されても耳を貸さない老人

この動画を撮った方は、
見つけてすぐに老人に注意をしたそうです。

しかしこのツイート…

運転手の老人は注意されても聞かなかった
と書かれています。

よく歳をとるにつれて
頭が硬くなるといいますが、
この老人も注意された事に対して
腹を立てたのでしょうか。

いけない事をしている自覚がない証拠ですね…

スポンサーリンク

なぜ老人は車で散歩していたのか

車を運転している方は、
割とお年を召した老人です。

歳をとると足腰が痛くなったり、
すぐに疲れてしまったり、
体が思うように動かなくなります。

また田舎は車社会ですから、
この老人も普段から移動手段は車である事が
多かった可能性があります。

そういった背景から、
この老人は散歩も車で行う事に
したのかもしれません。

足腰が弱いと、犬の散歩も大変なのは分かります。

しかし、このような方法を取るのは
いかがなものかと思いますよね。

犬が可哀想です…

これは動物虐待になる?

この件だけで、動物虐待として
老人が刑罰を受けたり、犬を保護したり
する事は難しいかもしれません

なぜならこの老人は、
普段から犬に対して虐待を
しているか判断が難しいですし、
この散歩に関しても犬を傷つけようと思って
意図的にやっているかどうかが怪しい所だからです。

しかし、車で走りながらの散歩は、
動画を見ても分かるように
犬にとっては苦しいものですし、
犬にも運転手にも、
事故を引き起こしかねない危険な行為です。

しっかりとその事を理解してもらい、
愛犬を思いやりを持って
そだててあげてほしいです。

自転車の散歩は違法になる

にたようなケースで、
自転車での犬の散歩は違法になります。

    自転車の運転者は,ハンドルやブレーキなどを確実に操作し、かつ、道路状況に応じ他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転をしなければなりません。これに違反したときは刑事罰として3月以下の懲役又は5万円以下の罰金が科せられることがあります。

確かにこういう人
たまに見かけますよね!

自転車に乗りながらだと
散歩も楽なのかもしれませんが、
見てる方としては怖い…

車にもこういう罰則を
設けてほしいですね!

世間の声は?

この動画をみた人達の反応がこちら。

やはり批判的な意見ばかりですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

犬を車で散歩させる高齢者の動画について
まとめました。

引きずられる犬がなんとも痛々しくて
可愛そうでした。

歩道を車で走るという
交通違反も堂々とやっている運転手。

しっかりと取り締まってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です