チアガールは定給料で長時間勤務!実態が酷すぎるのに人気な職業なのはなぜ?

チアガールといえば、
野球場やバスケの会場で
華々しく盛り上げてくれる
キラキラした存在をイメージしますよね。

そんなチアガールを目指している人も
多いと思います。

しかし実態は大変なことがたくさん!

今回は、チアガールの
大変な実態を紹介していきます。

その1・給料が安すぎる!

チアガールといえば
スタイルも良くて綺麗でキラキラしたイメージ。

私生活もエステに行ったり、
高いフレンチなんか食べたり…

というイメージですが、
残念ながら全く違うんです。

実態は、給料は日給8000円〜13000円ほど。

時給に換算すると、
1日の拘束時間が10時間なので
なんと800円〜1300円ほど!

試合がない日もあるので、
月の収入が10万を切ってしまう事もあるとか…

これじゃ、生活もキツキツで、
豪遊どころじゃないですよね…

その2・拘束時間が長すぎる!

先ほども言ったように、
1日あたりの拘束時間がなんと10時間。

試合前に踊るイメージですが、
他にも雑用やら何やらやる事が沢山あるそうです。

あるチアガールさんの話では、

    入場ゲートでお客さんを迎えてサインや写真撮影に応じたり、ファン参加イベントの誘導をしたり、着ぐるみのアテンドとインタビュー対応の手伝いをしたり。あるいは、球団によっては球場内ツアーのガイド、ショーのMC、リリーフカーの運転などもチアガールがやるんです

そこまでやらされるんですか!?
って感じですよね。

たしかにチアガールの美人さんがやれば華になり盛り上がりそうですが…

拘束時間10時間って
結構長いですよね。

スポンサーリンク

その3・ストーカー被害にあいやすい

想像できると思いますが、
チアガールは丈の短い華やかな
衣装をきています。

なのでイベント時には
際どい角度から写真を撮られたり、
ポーズを要求されたりする事もあるそうです。

2018年には、チアドラゴンズのメンバーが
ナゴヤドームや駅で出待ちや付きまといに遭ったり、
メンバーの自宅近くの駅まで追跡するといった、
ストーカー行為が話題になりました。

チアガールは、そういった所まで
運営からカバーしてもらって
いないのが現実だそうです。

やっぱりアイドルとは違うので、
プライバシーの部分への対策も、
しっかり取ってもらえていないんでしょうね。

その4・女性同士のトラブルが厄介

チアガールは女性同士の
戦いの場でもあります。

誰がどこのポジションを取るか、
とか、選抜に選ばれるか、とか
さまざまな戦いがあります。

仲間でありライバルでもある訳ですよね。

なので、裏で上司に取り入って
気に入らないメンバーを外させたり、
衣装を破いたり、
なかなか卑劣な事も起こっているようです…

スポンサーリンク

なぜチアガールは人気なの?

では、なぜこんな大変なチアガールに
人気が集まるのでしょうか。

一番の理由は、

ディズニーでのパフォーマーに
なりたいから

だそうです。

チアガールを経験すると、
ディズニーでのパフォーマーに
採用されやすかったりして、
チアガールを踏み台にして
頑張っている人も多いようです。

大学のチアサークルの恐ろしい話

とある大学では、チアの恐ろしい
伝統があったのだとか。

それは、不祥事を起こすと、
連帯責任でお尻をキックされる事。

パンツまで脱いでお尻をだし、
先輩に怒られてキックされたそうです。

怖すぎる…

チアガールは、足の筋肉も鍛えているので、
なかなかに強いキックをくらいそうですね。

もうその伝統はないかもしれませんが、
そこまでしてでもなりたいチアガール。

すごいです。。

まとめ

いかがでしたか。

チアガールの現状について
まとめました。

華々しく見えるチアガールの世界も、
大変な事が沢山あるんですね。

そんな中で笑顔で頑張っている
チアガールのみなさんは、
とてもすごい方達なんだなと
改めて感じます。

どうかチアガールの待遇が
改善されて、もっと働きやすい環境が
これから整っていくといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です