【自殺パーカー】紐の結び方が問題?悪質だと非難殺到!中尾彬は大丈夫なのか

スポンサーリンク

2019年2月21日。

英高級ブランドバーバリーのパーカーが、
首に紐をぶら下げて自殺を連想させる
と話題になっています。

バーバリーが17日にロンドンでファッションショーを行い、2019年秋冬コレクションを公開。その中で、フードのひもが首つり自殺に使う縄のように見えるパーカーを披露しました。

これに対し、ショーでモデルを務めたリズ・ケネディさんが自らのインスタグラムで「自殺はファッションではない。魅惑的でも先鋭的でもない」と批判したとのこと。

バーバリー側も「これを反省し、ここから学び、二度と起こらないように必要な行動を取る」と
謝罪をしています。

これに対しネットでは「中尾彬さん」の
ストールを首に捻って巻くファッションについて
比較した声も上がっており、
これについても見てみたいと思います。

問題のパーカーがこちら

こちらが物議になっている、
問題のバーバリーの自殺パーカーと
呼ばれているものです。


首から紐がぶら下がっていますね。

ぱっと見、私はあまり問題の”自殺”という
所とは結びつきませんでした。

実際にこのパーカーを着たモデル・
リズ・ケネディさんのInstagramでの
つぶやきがこちら。

https://www.instagram.com/p/Bt_e9OpgGG3/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1ra8xas34j3n0

リズケネディさんは、紐の結び方や
スタッフの態度の問題
も取り上げています。

スタッフも紐を上に持ち上げて
吊るして遊んでいたり、
それにリズケネディさんが注意しても
聞く耳も持たずにいたそうです。

スタッフも紐で遊んでいたと言うことは、
“自殺”を連想していたわけですよね。

にも関わらず遊びに使うとは、
不謹慎だと思います。

紐の結び方が自殺するときの物と同じ

リズケネディさんが気にしていた
パーカーの紐の結び方。

実は自殺する時の紐には、
結び方があるそうで、それだ同じだと
言うことです。

ハングマンズノットと言うそうです。

ハング(hang)は「吊るす」、
ハングマン(hangman)は「絞首刑執行人」
という意味があるのだとか。

不気味な印象を持ちます…

確認してみると…

確かにパーカーの紐の結び方は、
ハングマンズノットという結び方の
ようですね。

スポンサーリンク

中尾彬のストールはいいのか?

このようなつぶやきが多く見られました。

確かに中尾彬さんのストールも、
捻られて紐のようになっている印象。

見てみると…

綱と思うとそう見えます…w

しかし、今回問題となっているのは、
その紐の結び方が大きい要因に思います。

中尾彬さんのストールは結んではいませんし、
首から下がっているだけなので
自殺パーカーの問題とは違うのかなと思いました。

まとめ

バーバリーの自殺パーカーについて
まとめました。

ファッションは自由ですし、
本来は何か他者が言うような
ものではないのかもしれません。

しかし今回のように負のイメージを持つものや、
相手を嫌な気持ちにさせるものは
特にバーバリーのような世界的なブランドで
発信するのは違うのかなと感じました。

グッチやプラダ等、有名ブランドの商品の問題が
近頃目立ちますが、トップブランドとしての
影響力を考えてデザイン等を考慮する
必要があるのかなと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です