【嵐活動休止】名曲「5×10」が嵐の気持ちを代弁していて泣けると話題に!

1月27日の17時に衝撃すぎるニュースが舞い込んできましたね!

嵐活動休止!

突然すぎる嵐の活動休止に、
日本だけでなく海外の反応も大変なことに!

この活動休止にあたって、
嵐の名曲「5×10」という嵐の曲が
彼らの気持ちを代弁していると話題になっています。

この曲の歌詞には、どんな意味が込められているのでしょう。

今回は「5×10」について、
詳しーく見ていきたいと思います!

「5×10」とは?

「5×10」は、嵐デビュー10周年を記念して
2009年にメンバー本人達で作詞・作曲した曲です。

「5×10」のシングルでの発売はありません。

しかし「5×10」が収録されたアルバム
『5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009』が、
59.1万枚の売り上げを達成しました。

現在までのジャニーズ歴代アルバム売上ランキングではナンバーワン!

累計売上は196.1万枚になっています!!

製作にあたっての秘話がすごい!

曲を作るにあたって、
櫻井さんと二宮さんの所に他の3人から
それぞれ歌詞に入れて欲しいフレーズを送り、
それを元に歌詞を二宮さんがラップ詩を、
櫻井さんが歌の部分を書いたそうです。

言葉はそれぞれ違っていても、
3人とも「一歩一歩進んできた僕達についてきてくれてありがとう」的な歌詞の内容だったそうです。

「皆が同じ方向を向いているので書きやすかった」と、
櫻井さんと二宮さんは言っています。

そして曲は、二宮さんが作曲しました!

スポンサーリンク

「5×10」の曲と歌詞を見てみる

嵐の「5×10」の曲がこちら。

ゆったりとした曲調の中でラップが心地よいですね。

では歌詞を見ていきましょう!!

    出逢って数年 あれは偶然な気もするね 気付けば10年

    空に舞い上がってゆく風船

    華奢(きゃしゃ)な5人で乗り込む 揺れる船

    “ただ笑っとこう・・・””きっと夢が叶うとこ・・・”

    そう言い聞かせてた頃の過去も現在(いま)胸にまとう(yeah)

    焦り 不安 憤りばっか なんか感じていた日々もあったな

    でもあなたがいてくれたから その笑顔温かかったから

    歩いて来れたんだね (yeah) 横に並びつかんだ手(yeah)

    この過ごした時間さえ・・・ってなんかね いまはまだただ照れるね

    体中に風を集めた僕ら、支えきれない悲しみも、

    あなたがいたから 笑顔に出来た。

    無邪気に奏でた不協和音は、色んな世界を見てきたんだ。

    気が付けばいつの間にかそれが、僕らになってた。

    本気で泣いて、本気で笑って、

    (僕たちからは沢山の愛の
    言葉しかもう本当に何にもないの)

    本気で悩んで、本気で生きて、

    (歌に乗せて再度
    重ねた分のでっかい愛を)

    今がある、胸を張れる。

    本気で泣いて、本気で笑って、

    (僕たちからは沢山の愛の
    言葉しかもう本当に何にもないの)

    本気で悩んで、本気で生きて、

    (歌に乗せて再度
    重ねた分のでっかい愛を)

    今がある、胸を張れる。

    “一歩一歩”近い道などないなら 信じる道を行くしかないから

    もしもあなたが泣いたら ここでまた逢おうよ

    この相変わらずなヤツらからただ愛贈る(yeah) 共に望む未来 for you(yeah)

    先の山は風で越える 飛べる

    僕らの色で辺り染める yeah

    ひとりぼっちで覗いた空を、あなたも見ているのかな?

    なら、歌うよ。空に向かって…そう力の限り。

    本気で泣いて、本気で笑って、

    (僕たちからは沢山の愛の
    言葉しかもう本当に何にもないの)

    本気で悩んで、本気で生きて、

    (歌に乗せて再度
    重ねた分のでっかい愛を)

    今がある、胸を張れる。

    僕ら交わした声が消えないのならば、誓えるよこの愛を100年先も。

    笑顔が咲いてますように。

    ずっとずっと心にあるんだ。だからこそ伝えてみたいんだ。

    ありがとう…”これからもありがとう”

    ここに立ってる。僕たちが今、輝けるのは君がいるから

    5人でいる。ずっといる。

    今までを力に変えて、変わらぬ愛で包み込んだら

    永遠が、ほら永遠が
    僕と君だけに生まれたんだ。

    La la la la…

    Love Love for you

メンバーの思いを意識すると、
とっても深い歌だなと
つくづく感じますね!

歌詞を詳しく紐解いていこう

フレーズずつ歌詞をみていきましょう!

    出逢って数年 あれは偶然な気もするね 気付けば10年

    空に舞い上がってゆく風船

    華奢(きゃしゃ)な5人で乗り込む 揺れる船

    “ただ笑っとこう・・・””きっと夢が叶うとこ・・・”

    そう言い聞かせてた頃の過去も現在(いま)胸にまとう(yeah)

デビュー時の5人の出会いと、
嵐という船に乗ってデビューした時の
期待と不安な気持ちが入り混じった気持ちが
描かれているような気がします。

    焦り 不安 憤りばっか なんか感じていた日々もあったな

    でもあなたがいてくれたから その笑顔温かかったから

    歩いて来れたんだね (yeah) 横に並びつかんだ手(yeah)

    この過ごした時間さえ・・・ってなんかね いまはまだただ照れるね

デビューから10年の間、不安や焦りもあったけれど、
嵐のメンバー・仲間がいたから
ここまでやってこれた、と言いたいのだと解釈しました。

    体中に風を集めた僕ら、支えきれない悲しみも、

    あなたがいたから 笑顔に出来た。

風とはファンの事でしょう。

ファンがいてくれたおかげで笑顔で過ごせた
という事だと思います!

    無邪気に奏でた不協和音は、色んな世界を見てきたんだ。

    気が付けばいつの間にかそれが、僕らになってた。

嵐としてデビューしてから、がむしゃらに頑張ってきた。

それが結果として嵐の味になっていたというニュアンスに見えます。

    本気で泣いて、本気で笑って、

    (僕たちからは沢山の愛の
    言葉しかもう本当に何にもないの)

    本気で悩んで、本気で生きて、

    (歌に乗せて再度
    重ねた分のでっかい愛を)

    今がある、胸を張れる。

これまで本気で何事も取り組んでた。

だからこそ今があり、嵐として胸を張れる
ということだと思います。

    “一歩一歩”近い道などないなら 信じる道を行くしかないから

    もしもあなたが泣いたら ここでまた逢おうよ

    この相変わらずなヤツらからただ愛贈る(yeah) 共に望む未来 for you(yeah)

    先の山は風で越える 飛べる

    僕らの色で辺り染める yeah

近道せず、自分の道を歩いていく。

嵐の色で山(世界)を染めてやろう
という強い意志が伝わってきますね!

    ひとりぼっちで覗いた空を、あなたも見ているのかな?

    なら、歌うよ。空に向かって…そう力の限り。

このフレーズはファンに対して
言ってくれているような感じですね!

ひとりぼっちじゃないよ!と
励ましてくれているような歌詞です。

    僕ら交わした声が消えないのならば、誓えるよこの愛を100年先も。

    笑顔が咲いてますように。

    ずっとずっと心にあるんだ。だからこそ伝えてみたいんだ。

    ありがとう…”これからもありがとう”

ここはファンに向けてだけじゃなく、
メンバーへのメッセージのようにも感じますね。

    ここに立ってる。僕たちが今、輝けるのは君がいるから

    5人でいる。ずっといる。

    今までを力に変えて、変わらぬ愛で包み込んだら

    永遠が、ほら永遠が
    僕と君だけに生まれたんだ。

    La la la la…

    Love Love for you

嵐5人の絆の強さを感じます!

そしてファンのおかげで今がある。
これからもずっと愛は続いていく、
愛をファンのみんなへという感じでしょうか。

cはメンバーの思いが詰まった最高の曲!

いかがでしたか。

嵐の名曲「5×10」について調べました。

メンバー5人で作った名曲。

歌詞の意味を改めて見ると、
嵐のメンバーでこれまで培ってきたものや、
ファンへの感謝の言葉が印象的でした。

すごくいい歌ですね!

嵐の活動休止は寂しいですが、
こういう思いで繋がっている5人だと思うと、
休止してバラバラになってしまっても
ずっと応援し続けたいなと思いますね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です